ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは便利!スマホを高速充電できるフラッシュメモリー登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Bricwave xpressフラッシュメモリーにスマートフォンの充電ケーブル。どちらもビジネスパーソンのバッグの中に入っていることが多いアイテムだろう。

この2つを合体させ、さらに便利にしたのが、このほど登場した「Bricwave Xpress」。急いで充電したり、大事な書類のデータのバックアップをとったりと、ビジネスシーンで重宝しそうだ。

・倍の速さでスマホ充電

Bricwave Xpressの外観はやや大きめのフラッシュメモリーだが、この中にライトニングまたはマイクロUSBのケーブルが入っていて、片方のUSB端子をPCにつなげば充電やデータシンク、データ保存などができる。

Bricwave xpress2機能は主に3つで、スイッチでモードを選べるようになっている。まず、高速充電モードだが、こちらを使うと従来ケーブルの倍の速さでスマホを充電できる。

開発元によると、iPhone 6の場合、バッテリー0%から100%にするのに普通248分かかるところを、Bricwaveだと半分の124分で完了するという。

・フラッシュメモリー容量は8〜64GB

次に同期モード。こちらは、スマホとPCを同期させるのに使う。同時にスマホの充電もできるが、このモードでは通常の充電速度となる。

最後に、フラッシュメモリーモード。こちらの容量は8、16、32、64GBの4種類。

持ち運びを想定しているので、当然コンパクトなつくりになっている。3×8×1.2cm、重さはわずか27g。リングが付いているのでキーホルダーなどに取り付けられるのも便利だ。

1つで3役をこなすこのフラッシュメモリー、現在、Kickstarterではメモリー容量8GBの場合49ドル、16GBだと65ドルからとなっている。キャンペーンは6月1日まで、資金調達が順調にいけば7月にも発送が始まる見込み。

Bricwave Xpress/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。