ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

武田梨奈&春日太一対談【1/3】千葉真一と武田の共通点とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 クレディセゾンのテレビCMで披露した「頭突き瓦割り」で一躍注目を浴びた新進女優・武田梨奈(23)は、特技の空手を活かしたアクションで映画を中心に活躍の場を広げている。そんな彼女が「最近読んだ中で一番感動した本」と語るのが、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が上梓した『役者は一日にしてならず』(小学館刊)だ。「週刊ポスト」で春日氏が連載するベテラン俳優インタビューに大幅な加筆をした同著は、武田にとってこれからの役者生活の指針になる内容だったという。この本をきっかけに武田と春日氏の対談が実現した。ロング対談全3回のうち、第1回をお届けする。

春日:武田さんのツイッターをフォローさせていただいているのですが、「アクションというのは、実は絡みの人たち、周囲の人たちに助けられて自分はやれているんだ」という内容を呟かれたのを目にしまして。これって『役者は一日にしてならず』の中で松方弘樹さんなど時代劇役者の人たちが「実は時代劇というのは殺陣の相手役、斬られる側(絡み)が大事なんだ」とおっしゃっていたことに通じるなと思ったんです。

 その人たちと同じ意識とか感覚を、武田さんは持っている。すごく高い意識でこの人はアクションをやっている、と。自分が目立つためであったりとか、自分が目立てばいいという意識の人たちは少なくない。でも、そうじゃなくて、ちゃんとそういうところまで目が行き届いてアクションをやっている人ってすごいなと思って。それが武田さんと対談をやらせてもらいたいと思うきっかけでした。「絡みが大事だ」と気づいた瞬間ってあったんですか。

武田:私、ずっと空手をやっていたんですけど、それはやっぱり個人競技で。アクションの現場はそれと違って、「信頼関係ができていないと本当に危険だな」と感じました。絡みの方だったり、アクション部の方たちって、「女優さんだから」とすごく気を使われるんです。ケガしないようにって。

 でも私は、全部、吹きかえなしでやっていきたいんです。絡みの方々は、「こういうふうにやりたいんです」と自分から主張したら、それを全部踏まえた上でいろいろとアクションを作ってくださる。そういうのを経験して、やっぱり一人じゃ何もできないなと感じたんです。

春日:なるほど。自分でアイデアを出しているからこそ、感じるところがあるわけですね。

武田:そうですね。「こういうアクションをやりたい」というのは一応言わせてもらっています。個人的に、かっこよすぎるアクションというのが好きではなくて。女性がバタバタと男性を倒していくというのはよくあるんですけど、私はどちらかというと、やられる方をやりたくて。

春日:へえ。そうなんですね。

武田:女優さんがキックやパンチをしたりして、かっこよく映るのは私じゃなくてもできると思うんです。ですけど、女優さんがボコボコにされて、スタントをいっぱいやってっていうのは私にしかできないな、と。なので、そっちをやりたいですというのは常にいろんな現場で言っていますね。

春日:受ける側に回りたい、と。

武田:スタントマンの方たちを見ていても、「やられ」のほうが技術が要るなというのを感じます。体を張っているというか。その方たちがいないと私たちはかっこよく映らないじゃないですか。

春日:おっしゃることが千葉真一さんと通じる気がします。

武田:春日さんの『役者は一日にしてならず』の中で、千葉真一さんが「日本はお金もないし、アメリカに負けている」っておっしゃっていたじゃないですか。私も今、すごくそれを感じています。千葉さんの時代は千葉さんや志穂美悦子さんとか、いろんな方が日本のアクションや時代劇を盛り上げてくださった。でも、平成のこの時代ってそういう人がいない。私は千葉さんみたいに新しい時代をつくっていきたいなって感じています。

春日:かっこいい! 今、京都の撮影所では時代劇の若いスタッフたちがとにかくみんな口をそろえて「武田さんと仕事したい」って言うんですよ。

武田:えーっ、うれしいです。すごくうれしい。

春日:彼らスタッフも武田さんと同じ意識というか、やっぱり千葉さんたちが新しいものを作っていって、それが一旦途絶えてしまったところから、自分たちはどうしていくかということをすごく考えていて。かといって、それを体現できる役者がなかなか東京から来てくれないという。

 東京から来る役者たちって、アクションに関してはたいてい周りに盛り立てられて初めて輝ける人たちなわけですよね。京都のスタッフからすると、いろんなアイデアを出したいけど受け止めてくれないだろうと思いながらやっていたりするんです。そういうのがどうしてもあるので、「武田さんなら」って皆さんすごく言っていて。

武田:ぜひ! うれしいです。でも私、お恥ずかしいことに時代劇をあまり観てこなかったんですよ。ジャッキー・チェンばっかり観ていたので。アクションの師匠に「これからは時代劇を観なさい」って半年前ぐらいに言われたんですよ。「日本人なんだし、まずこれからはそっちの基礎を学びなさい」って。それから少しずつ勉強しています。

 思ったのは、時代劇の動きは空手に似ているなということです。『役者は一日にしてならず』にも「最近の役者たちは腰が落ちていない」と書いてありました。重心の位置ってやっぱり重要なんだなというのは感じましたね。

春日:空手をやられていると、重心というのは意識できている部分でしょうからね。

武田:やっぱり重心ですね。空手でも、時代劇で刀を斬り下ろすのでも、一撃がすごく大切だというか。殺陣の先生には、「戦っている最中よりも、戦う初めと戦う終わりが大切なんだ」って言われました。「それを学ぶには時代劇が一番手本になる」とも。

 戦っている最中は相手の方たちも絡んでくれますし、速く動いていればそれなりに派手に見えるじゃないですか。でも「斬り終わった後の姿勢が一番大切だから、アクションスターになりたいんだったら、そういうところを一番見なさい」と言われました。そこから意識が変わりましたね。

春日:『役者は一日にしてならず』の中では松方さんが「静の部分があるから動が引き立つ」とおっしゃっていますけど、まさに、そういうことなんでしょうね。

 千葉真一さんがおっしゃっていたのは「動きのない役は動ける役者にしかできない」ということでした。おそらく武田さんのようにアクションのできる役者なら、もっと実感できることなのかなという気がするんです。

武田:例えばブルース・リーさんもそうですけど、何も動かなくても、手のちょっとした力の入れ方とか、やっぱり本物だからこそ伝わるものがあると思うんです。

春日:最近はドラマや映画で普通の女の子の役もやっていますけど、そういうときに、どこかで「ああ、アクションやってきたことが生きている」というのはありますか。

武田:千葉真一さんに去年初めてお会いしたときに、千葉さんが私に「アクションとは芝居そのもののことだからね」とおっしゃったんです。アクション女優と言ってもらえることはすごくうれしいんですけど、普通のドラマのオーディションに行くと、「あなたアクションの人ですよね。何でアクションのない作品に来ているんですか」って言われることが結構あったんですね、今まで。

 だけど私はアクション=戦うじゃなくて、食べたり飲んだりすることも動くこと全部アクションだと思っているんです。千葉真一さんのその一言で「あっ、アクションってこういうことでいいんだ」って思えるようになりました。「何をするのも全部アクションなんだ」って。

春日:ただ、いわゆるアクションシーンの「殴る蹴る」とか「受ける」という動きと、たとえば「食べる」「会話する」っていう普段の動作って、やっぱり違う部分ってあるんじゃないですか。どういうところでそれが繋がってくるのものなのでしょうか。

武田:人間、何かを「しよう」と思ってから動くじゃないですか。アクションシーンでも意味もなく戦うことはない。どんな動作でも「何かを感じてから動く」という反射的な部分はやっぱり一緒だと感じているんです。まずはやっぱり感情から全部動くんだ、と。まず体から動くんじゃなくて、内面から動く。だから「アクションは芝居そのもの」って千葉さんはおっしゃっているのかなと、自分で勝手に想像しています。

春日:なるほど!いや、本当に千葉さんとしゃべっているように錯覚してしまいます。千葉さんがおっしゃっていることをちゃんと会得しているし、実際に同じフィールドで戦っているんだなと思いました。

武田:そんな、恐縮です。

春日:千葉さんはトーク番組に出るときは必ずといっていいほど「アクション俳優の千葉さんです」って紹介されるんですよね。そのときいつも千葉さんは訂正を入れるんですよ。

武田:「『アクション俳優』ではなく『俳優』です」って?

春日:そう。あともう一つは、「あなたアクションってどういう意味で使っていますか?」と必ず聞くんですね。そうすると、みんな戸惑う。「ハリウッドでは、『レディ、アクション!』って言うでしょ。つまり、アクションというのは演技そのものなんです。アクション俳優という言葉はこの世にはないんだよ」という説明をされるんです。

武田:かっこいいですね。

春日:武田さんも「アクション女優」とカテゴリーされることが多いと思いますが、ご自身の中ではどう捉えています?

武田:アクションしか、戦うことしかしないって思われるというのは、ちょっと。私もお芝居もアクションも一緒だと思っていたので、お芝居とアクションを分けられるのはすごく嫌でした。

<続く>


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
千葉真一 やりたいことは「教え子が主演する映画の脇で出る」
JAC出身「堤真一がいい」と過去の勤勉ぶりを千葉真一が回顧
千葉真一 殺陣の稽古で相手が真田広之だったら真剣を使った

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP