ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホテルのバーで愉しむ「大人のかき氷」。きらめく美味しさを召し上がれ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年の夏はちょっとオシャレに、ホテルのバーでかき氷を愉しんでみてはいかが?

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(http://intercontinental-strings.jp/)のレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」では、昨年好評を博した「大人のかき氷」(1800円/税・サ別)を、今年も7月1日(水)~9月13日(日)の間提供する。

「大人のかき氷」は、バーテンダーがアイスピックで削るかき氷に特製カクテルシロップをかけた 「カクテルかき氷」のこと。荒削りのざくざくした食べごたえのある食感が特徴だ。アルコールもしっかり入っているので、20歳以上の大人にのみ許される贅沢と言えよう。

今年の「大人のかき氷」は、新たに「コーヒー&抹茶」「マンゴー&パッションフルーツ」「ストロベリー&レモネード」の3種類が登場。

「コーヒー&抹茶」は、カルーアとコーヒーをブレンドしたかき氷にミルクかき氷を重ね、金時豆の甘煮と抹茶クッキーを散らしたもの。見た目はまるで宇治金時。コーヒーと抹茶の苦み、ミルクと金時豆との甘いハーモニーを楽しんだ後、ほどよく融けたところにテキーラベースのカクテルシロップをかけて香りを愉しむ。極上のスイーツでもあり、カクテルでもありといった具合だ。

「マンゴー&パッションフルーツ」は、濃厚なマンゴージュースと爽やかなパッションフルーツシロップをブレンドした甘めのかき氷に、スパイシーなペッパーウォッカとコアントロー、ライムジュースのカクテルシロップをかけたもの。鮮やかな色どりも魅力だ。

「ストロベリー&レモネード」は、甘酸っぱいレモネードかき氷にストロベリー、ブルーベリーをたっぷり散らし、ラムとストロベリーシロップ、ラベンダーを合わせたカクテルシロップを添えたもの。カクテルをかける前と後で味の変化を愉しみたい。

仕事帰りはもちろん、デートにもぴったり!ホテルのバーでゆったりくつろぎながら、ワンランク上の美味しさをぜひ一度お試しあれ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP