ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【海外旅行のお供に】指紋認証ロック、RFID読取防止機能付きの多機能財布が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

つい先日GWが終わったが、それぞれどう過ごしただろうか。次は、夏休みに旅行に行こうと考えている人もいるかもしれない。

海外旅行に出るときには、特にパスポートは必需品。政府が発行する重要書類だが、小さくて紛失しやすいし、盗まれてしまう危険がつきものだ。

・CESでお披露目された、海外旅行で役立つ多機能財布

国際的家電見本市“CES 2015”で、iWallet Corporationから海外旅行で活躍する多機能財布「iPassport」の発売が発表された。

・盗難防止!安心のセキュリティ

「iPassport」は、高強度のカーボンファイバーと革でできたケースで、旅のお供にピッタリ。最近のiPhoneに搭載されているのと同じような、生体認証ロックが付いている。ユーザーの指紋認証がされないとロック解除されないため、万一他人の手に渡ってしまったときにも安心だ。

また、RFID(Radio Frequency Identification)防護機能ももっていて、クレジットカードなどのデータをハッカーに盗み取られる心配もない。

・一定距離離れるとアラーム音でお知らせ

さらに、Bluetoothテザリング機能が搭載されており、ユーザーのスマートフォンと接続。デバイス同士が5メートル以上離れると、アラーム音が鳴って異常を知らせてくれるという。

・丈夫でオシャレ、収納もバッチリ

熟練の職人の手になる「iPassport」は、デザインにもこだわっており、見た目はシャープで、内部にはクレジットカードなどを入れておける収納も付いているので便利。

重さは158グラムほどで、ポケットやカバンに入れて持ち歩くのも楽々の大きさ。900mAのリチウムイオンバッテリーも搭載されているので、通常のマイクロUSBチャージャーとして用いることも可能だ。

海外旅行で大活躍してくれそうな「iPassport」は、2015年5月中にローンチ予定。

iPassport

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP