ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【グルメ】食パンの満足度を100とした場合の「食品の満足度リスト」公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「食品の満足度」は、1995年にシドニー大学のスザンナ・ホルト博士が考案したもの(英文)。「食後にどれだけ満足できるか?」のレベルを、食品ごとに数値化したんですね。具体的には、参加者たちに特定の食品を240kcalずつ食べてもらいまして、

1. 食後にどれだけ満腹感があったか?
2. その後の食事の量は増えたか?

上記の2点をチェックしたわけです。そのうえで、食パンの満足度を100として、それぞれの食品の数値を決めていった感じ。たとえば、このデータだと白米は138なんで食パンよりも満足度は高いわけですねー。

・食品の満足度リスト
<パン類>
クロワッサン 47%
ケーキ 65%
ドーナッツ 68%
食パン 100%
クッキー 120%
クラッカー 127%
黒パン 154%
全粒粉パン 157%

<お菓子系>
チョコバー 70%
ピーナッツ 84%
ヨーグルト 88%
ポテトチップス 91%
アイスクリーム 96%
ゼリービーンズ 118%
ポップコーン 154%

<シリアル系>
ミューズリ 100%
サステイン 112%
スペシャルK 116%
コーンフレーク 118%
ハニースマック 132%
オールブラン 151%
オートミール 209%

<炭水化物系>
フライドポテト 116%
パスタ 119%
玄米 132%
白米 138%
全粒粉パスタ 188%
茹でジャガイモ 323%

<タンパク質系>
レンズ豆 133%
チーズ 146%
タマゴ 150%
ベイクドビーンズ 168%
牛肉 176%
タラ 225%

<フルーツ系>
バナナ 118%
ブドウ 162%
リンゴ 197%
オレンジ 202%

・食品の満足度ランキング順
クロワッサン 47%
ケーキ 65%
ドーナッツ 68%
チョコバー 70%
ピーナッツ 84%
ヨーグルト 88%
ポテトチップス 91%
アイスクリーム 96%
食パン 100%
ミューズリ 100%
サステイン 112%
フライドポテト 116%
スペシャルK 116%
ゼリービーンズ 118%
コーンフレーク 118%
バナナ 118%
パスタ 119%
クッキー 120%
クラッカー 127%
ハニースマック 132%
玄米 132%
レンズ豆 133%
白米 138%
チーズ 146%
タマゴ 150%
黒パン 154%
全粒粉パン 157%
ポップコーン 154%
オールブラン 151%
ブドウ 162%
ベイクドビーンズ 168%
牛肉 176%
全粒粉パスタ 188%
リンゴ 197%
オレンジ 202%
オートミール 209%
タラ 225%
茹でジャガイモ 323%

・食物繊維とタンパク質と水分が多いと満足度は高い
こうして見ると、茹でジャガイモの満足度がズバ抜けてますね。以前に紹介した「じゃがいもだけを2カ月も食べ続けて10kg痩せた男の事例」(記事)も、あながち眉唾ではないのかも。

・食品によって満足度は異なる
この結果についてはホルト博士いわく、「おおまかに言って、食物繊維・タンパク質・水分が多いほど食品の満足度は高くなる。ただし、それでも個々の食品によって満足度は異なるので、この指数を使うのは有益だろう」とのこと。

・体は脳に空腹信号を送り続ける
脂肪については、「一般的なイメージとは違って、高脂肪の食品は満足度が低い。ヒトの体にとって脂肪は緊急時のエネルギーなので、すぐに体脂肪として貯めこまれてしまうからだ。そのため、体は脳に空腹信号を送り続け、もっと食べたくなるのだ」とのこと。

・空腹感が避らないまま
脂肪は「エネルギーが足りてますよ!」って信号を脳に送りにくいので、空腹感が避らないままになっちゃうんだ、と。このあたりは、マイケル・モス「フードトラップ」にあった「脂肪は糖分と違って飽きる上限がない」って話と通じるところですね。

・炭水化物は脂肪と逆の作用
さらに炭水化物については、「炭水化物は脂肪と逆の作用を持っている。血糖値を上げることで脳に「燃料は十分ですよ」という信号を送り、満腹感をアップさせるのだ」とのこと。糖質制限ダイエット界の主張とは真逆ですが、なにせインスリンには空腹を抑える効果があるので、個人的にもホルト博士の見解のほうに賛成かなーと。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/13/manzokudo/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP