ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のEDMフェスで絶叫イベント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


音楽好きにとって、夏といえばフェスの季節だけど、数あるフェスの中でも、今世界中を熱狂させているEDMフェスをご存じだろうか? EDMとは、エレクトリカル・ダンス・ミュージックの略。その特長はとにかく“踊れる”こと。世界のトップDJが、壮大なステージで繰り広げる圧巻のパフォーマンスに身を任せてノリノリで踊りまくるという、非常にわかりやすいフェスなのだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

日本でも世界で開催されている大型EDMフェスが続々到来。昨年夏にはアメリカ・マイアミ発の世界最大規模のEDMフェス「ULTRA」が日本初上陸。そして、このGWに幕張海浜公園のビーチで開催されたのが、ニューヨーク発の「Electric Zoo(エレクトリック・ズー)」だ。世界のトップDJによるパフォーマンスはもちろん、動物園の名を冠するこのフェスには来場者の動物コスプレも風物詩となっている。

日本初上陸にもかかわらず、会場にはシマウマやライオンなどの格好をした陽気なパーティーピーポーがチラホラ。ビーチという解放的なロケーション、EDMフェスならではのド派手な演出、底抜けに明るいダンスミュージックが組み合わされば、自然と体がうずき出してアニマル化してしまうのも無理はない。クラブカルチャーはちょっと苦手という人でも間違いなく楽しめるイベントなのだ。

そんな解放感のある会場に、喫煙所を兼ねて併設されていたマールボロの協賛ブースではオモシロい試みが行われていた。“クロスオーバー”と題されたグローバルキャンペーンを展開するマールボロは、昨日までの自分を踏み越えるためのチャンスとして、「一生に一度の旅」をプレゼントするという企画をブースで実施していた。

まずは、成人限定の専用アプリ「Mplus」をダウンロードすると、キャンペーンガールからオリジナルTシャツがもらえる。参加者はTシャツに「昨日までの自分」と「境界線を踏み越えた先の自分」を書き込み、それを着た姿を撮影してもらって投稿することで、エントリーは完了。なかには特設ステージに上がって、それぞれのなりたい自分の姿を絶叫する参加者もいて、ワイワイ盛り上がっていた。

当選してプレゼントされる「一生に一度の旅」は3コース。「カリフォルニア」「アラスカ」「カナダ」への7〜10日間という豪華ラインナップで、その場所でしか体験できないアクティビティが用意されているらしい。終始賑わっていたブースでは、みんなTシャツを手にしながら、しばし筆を止めて、改めてなりたい自分について向き合っている姿が印象的だった。

「エレクトリック・ズー」でしかそのキャンペーンに申込みできないの? と残念に思ったそこのアナタ。まだ大丈夫! このグローバルキャンペーン“クロスオーバー”は、5月13日(水)から7月8日(水)までエントリーを受付中。マールボロのサイトか専用アプリ「Mplus」から、応募可能だ(日本在住の成人喫煙者のみ)。ビッグな旅のプレゼントを狙うとともに、この機会になりたい自分の姿を考えてみてはいかがだろう?
(R25編集部)

人気のEDMフェスで絶叫イベントはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP