ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディラン、キャッシュ、ポール、バーズらがナッシュビルに残した貴重音源36曲を収録したコンピレーションが発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ボブ・ディラン、ジョニー・キャッシュ、レナード・コーエンなど数多くのアーティストの所縁の地である“ナッシュヴィル”をテーマにしたコンピレーション『ディラン、キャッシュ・アンド・ザ・ナッシュヴィル・キャッツ:ア・ニュー・ミュージック・シティ』が7月22日に発売される。

 米国テネシー州ナッシュヴィルは、50年代からはカントリー・ミュージック、60~70年代のロック、フォーク、ポップスなどの重要なアーティストや録音物、文化を輩出してきた“音楽の街”として知られる。今回のコンピレーションは、ナッシュヴィルのカントリー・ミュージック殿堂博物館で今年3月より開催されているエキシビジョン『ディラン、キャッシュ、アンド・ザ・ナッシュヴィル・キャッツ:ア・ニュー・ミュージック・シティ』と連動した内容となっており、ディランの未発表音源「イフ・ナット・フォー・ユー」をはじめ、1960年代と1970年代にナッシュヴィルで録音された貴重音源全36曲が2枚組CDに収録。ディランの他には、ジョニー・キャッシュ、ポール・マッカートニー&ウイングス、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスン、ザ・バーズ、レナード・コーエン、サイモン&ガーファンクルらの楽曲が収録予定となる。

 ナッシュヴィルは1960年代まではポップ・ミュージックのトレンドから取り残された保守的な街と評されてきたが、ディランが1966年に名盤『ブロンド・オン・ブロンド』をレコーディングしたことで転機が訪れた。ディランはその前作『追憶のハイウェイ』のNYでのレコーディングの際に、プロデューサー=ボブ・ジョンストンのもと、ナッシュヴィル出身の凄腕ミュージシャン達に出会い、次作をナッシュヴィルでレコーディングすることを決意したと言われる。その後、1960年代終わりから1970年代初めにかけて、前述のような数々の名ミュージシャンたちもナッシュヴィルを訪れ、この地の多才なセッション・ミュージシャン(いわゆる「ナッシュヴィル・キャッツ」)とレコーディングを行った。

◎リリース情報
『ディラン、キャッシュ・アンド・ザ・ナッシュヴィル・キャッツ:ア・ニュー・ミュージック・シティ』
2015/07/22 RELEASE(輸入盤は6月19日発売)

<収録曲>
(Disc-1)
01. アブソリュートリー・スイート・マリー/ボブ・ディラン
02. ハープーン・マン/チャーリー・マッコイ&ザ・エスコーツ
03. 悲しきベイブ/ジョニー・キャッシュ
04. ダウン・イン・ザ・フラッド/フラット&スクラッグス
05. ザ・ウェイ・アイ・フィール/ゴードン・ライトフット
06. アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト/ボブ・ディラン
07. ゴーイング・ノーホエア/ザ・バーズ
08. 火の車/イアン&シルヴィア
09. ジェントル・オン・マイ・マインド/ジョン・ハートフォード
10. サム・オブ・シェリーズ・ブルース/ザ・モンキーズ
11. ターン・アラウンド/ザ・ボー・ブランメルズ
12. アイム・ソー・ロンサム・アイ・クッド・クライ/トレイシー・ネルソン
13. ハンク・ウィリアムスが嫌いなら (1968デモ)/クリス・クリストファーソン
14. 電線の鳥/レナード・コーエン
15. ヒッコリーウィンド/ザ・バーズ
16. ブローイング・ダウン・ザッツ・ダスティ・ロード/カントリー・ジョー・マクドナルド
17. ボクサー/サイモン&ガーファンクル
18. ストーン・フォックス・チェイス/エリアコード615
19.『ロデオの恋人/ザ・バーズ』 ラジオ広告声 ※ボーナス・トラック

(Disc-2)
01. 北国の少女/ボブ・ディラン&ジョニー・キャッシュ
02. ドリフティン・ウェイ・オブ・ライフ/ジェリー・ジェフ・ウォーカー
03. ビハインド・ザット・ロックト・ドア/ジョージ・ハリスン
04. クレイジー・ママ/J.J.ケイル
05. ボークー・オブ・ブルース/リンゴ・スター
06. ゴーイング・トゥ・ザ・カントリー/スティーブ・ミラー・バンド
07. 孤独の旅路/ニール・ヤング
08. イフ・ナット・フォー・ユー(未発表ヴァージョン)/ボブ・ディラン with ロイド・グリーン
09. シティ・オブ・ニューオリンズ/スティーヴ・グッドマン
10. オールド・デキシー・タウン/ジョーン・バエズ
11. ブルー・リヴァー/エリック・アンダースン
12. セヴン・ブリッジズ・ロード(1972 ナッシュヴィル・ヴァージョン)/スティーヴ・ヤング
13. 永遠の絆/ニッティ・グリッティ・ダート・バンド
14. サリー・G/ポール・マッカートニー&ウイングス
15. シルヴァー・ウィングス/アール・スクラッグス with リンダ・ロンシュタット
16. ア・シックス・パック・トゥ・ゴー/レオン・ラッセル
17. マッチボックス(ジョニー・キャッシュ・ショウのライヴ)/デレク&ドミノス with ジョニー・キャッシュ&カール・パーキンス

関連記事リンク(外部サイト)

アラバマ・シェイクス、全米No.1アルバムより「Don’t Wanna Fight」のTVライブ映像が公開
ザック・ブラウン・バンド 絶大な人気を誇るカントリー・バンドが米ビルボード・アルバム・チャート初登場1位に
5月11日は「SUKIYAKI」デー 坂本九が米ビルボード誌に初めて登場した日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP