ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カリーヴルストの聖地、ベルリンのカリーヴルスト博物館に行ってみた。

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ドイツの首都ベルリン。ベルリンの壁や博物館島で有名なこの町には、もう一つ忘れてはならないベルリン名物があります。それがカリー・ヴルスト。

カリー・ヴルストとは、焼いたソーセージの上にケチャップとカレー粉をまぶした料理。シンプルでありながら、カレー粉のあとひく味わいがたまらない、ドイツが誇る人気のB級グルメの1つです。

この人気っぷりを現すものが、今回ご紹介する「カリー・ヴルスト博物館」です。

・ベルリンのオシャレスポット、ミッテ地区に位置
こちらの博物館、ドイツ・ベルリンが東西に分断されていた時代に、東西境界線上に置かれていた国境検問所として、いまでも有名な場所、チェックポイント・チャーリーからほど近い場所に位置しているため、観光のついでに訪れてもいいかもしれません。地下鉄ではU6のコッホシュトラーセ(Kochstraße)駅もしくはスタドミッテ(Stadtmitte)駅が最寄りとなります。

・目印はかわいい小さなトラック
博物館の方に向かって大通りを歩いていると、カリー・ヴルスト色のかわいいトラックが見えてきます。こちらがカリー・ブルスト博物館へのサイン。サインボードの通り、メインの通りから50m程歩いていくと、博物館へと到着します。

・様々なカリー・ヴルストにまつわる展示
こちらの博物館にはカリー・ヴルストの歴史の他にも、本物の屋台や作るための道具やスパイスなどが紹介されています。さらには、世界でカリー・ヴルストが食べられるお店やカリー・ヴルストのゲームまであり、意外と大人でも楽しむ事ができます。

・実はこの博物館のカリー・ヴルストがうまい
単なる博物館だけではないのがこの場所のいいところ。様々な場所にカリー・ヴルストがありますが、実はこの博物館のカリー・ヴルストが侮れません。入場チケットと引き換えで貰える、小さな試食を試してみましたが、非常に美味しいカリー・ヴルストだったので、お替わりもしてしまいました。こちらのカリー・ブルスト、ケチャップというよりも、マクドナルドのチキンナゲットに添えられている、バーベキューソースのような味わいでした。カレーパウダーも香り高く、こちらのお店だけでも訪れる価値はあるかもしれません。

カリー・ヴルストの歴史や様々な背景を勉強しつつ、美味しいカリー・ヴルストも頂ける、ベルリンのカリー・ヴルスト博物館。

もし機会があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 カリー・ヴルスト博物館(Curry Wurst Museum)
住所 Schützenstraße 70 10117 Berlin
営業時間  10:00~18:00
定休日 なし
HP http://currywurstmuseum.com/en/

▼チャーミングな博物館の入り口

▼オシャレなイラストが手招きしてくれます。

▼こちらはカリー・ヴルストの消費数。ものすごい勢いで増加していますが、どうやって計測しているのかは分かりません。

▼入り口で入場料を支払います。当日は入場料金が20%オフの日でした。

▼ふたたびオシャレなイラスト。Don’t worry, Be curryというフレーズ、カレー好きにはたまりません。

▼ベルリンのカリー・ヴルストショップのマップ。たくさんのショップがある事が分かります。

▼ズームしてみると、博物館もしっかりとマッピングされています。

▼こちらは世界中のカリー・ヴルストショップ。

▼日本は六本木のお店がピックアップされていました。

▼非常に安いカリー・ヴルストのメニュー表。かつてはこの値段で楽しむ事ができたようです。

▼ゲームもなかなか面白くできていました。


▼カリー・ヴルストのスパイスの紹介。


▼もちろんお土産コーナーも充実しています。


▼試食のカリー・ヴルストは紙コップで提供されます。

▼こちらメニュー。こうなると試食だけでは物足りませんよね。

▼しっかりと1人前注文してしまいました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP