ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運動嫌いでも毎日続けられる、カンタンなエクササイズ方法とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?

そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたものでできている 実践編』。食欲コンサルタントの村山彩さんが、自身も実践する「食欲コントロール」のメソッドを記した書籍です。

今回は、運動嫌いの人でもカンタンに続けられるエクササイズ方法を紹介します。

 

01.
平日は活動的に
週末はのんびりと過ごす

週末は誰だってのんびり過ごしたいもの。だったら平日に運動をすませてしまいましょう。朝食の前か、仕事が終わってからそのまま夜走るのがいちばん時間が取りやすくておススメです。

02.
運動する時間がない日は
たくさん喋ってエネルギー消費

今日は運動できないなと思ったときは、その日1日、意識してテキパキと動くように心がけて。人と話すとき、大げさに身振り手振りを入れたり、いつもよりたくさん喋ったり。話をするのは意外にエネルギーを使うので、このチャンスを逃す手はありません!

03.
「ラジオ体操&床掃除」は
全身運動の究極タッグ!

ラジオ体操は天候に関わらず、いつでも家の中で簡単にできるのでおススメ。一見ラクな運動のようですが、真面目にやってみると息が上がったり筋肉痛になったりと、十分な運動量があります。また、床掃除も歌を歌ったりしつつ全身を意識的に動かせばかなり良いエクササイズに。部屋の掃除もできて、一石二鳥です。

04.
クールダウンするかしないかで
燃焼する脂肪の量は大違い

せっかくやった運動の効果を最大にしたいのなら、運動をしたあとにピタッとやめないことです。たとえば、ランニングの後、5分のウォーキングをするとか、そのまま休まず掃除をするとか、買い物にいくとか。運動が終わってもそのあと動いていれば、脂肪はそのまま燃え続けます。

05.
かえってストレスになるから
体重計にはのらないコト!

体重はすぐに変動するもの。ちょっとの増減に一喜一憂しても意味はありません。体重計にのることでかえってストレスがかかったり、正しい食事すら食べなくなってしまうのであれば、測らない方がいいです。

06.
夜は急な予定が入りがち・・・
だったら朝にランニング

ランニングにおススメな時間帯は朝。昼間や夜だと仕事や突発的な予定が入り、走れなくなる可能性があるので、時間がとれやすいと思います。また、1日をエネルギッシュにスタートすることもできるというのもメリット。

07.
寝不足は肥満のもと
正しい睡眠で健康体に!

じつは、睡眠不足や睡眠障害があると、あきらかに食欲や代謝系に影響が出ることが様々なデータから分かっています。たとえばアメリカのコロンビア大学の研究では、平均睡眠時間が7〜9時間の人に比べて、5時間だと50%、4時間以下だと73%も肥満になる確率が高まるのだそう。健康的な1日は、正しい睡眠によって支えられているというわけです。

※この記事は、村山彩著書籍『あなたは半年前に食べたものでできている 実践編(サンマーク出版)』から抜粋・再編集したものです。

村山 彩/Aya Murayama

食欲コンサルタント、日本初のアスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、トライアスリート。ラジオ局、映像製作会社でのプロデューサー業を経て、2010年に資格取得。その後、現役トライアスリートとしての知識と経験を活かし、テレビ、雑誌、ラジオ、イベントなどで活躍。現在は食事と運動について学ぶ「村山塾」の講師や、食欲コンサルタントとしての指導、ランニングや食事に関するイベント、生活習慣病のカウンセリング、プロのアスリートやアマチュアランナーへの食事・運動指導など、幅広い活動を展開中。ブログ:ayamurayama.jp

関連記事リンク(外部サイト)

【科学が実証】えっ、こんなものが!ビューティケアに役立つ「5つの意外なもの」
海外で話題!「朝活エクササイズ」をオススメする、7つの理由
飲むだけで髪の毛が健康になり、白髪が改善する「魔法のドリンク」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP