ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【「ひとつだけ」をハイレゾで】矢野顕子 清志郎、YUKIら参加名盤がハイレゾ配信決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

矢野顕子の名盤『はじめてのやのあきこ』、『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』の2作品が7月29日にハイレゾ配信で発売されることが決定した。

これは矢野顕子のオリジナル・アルバム5作品が、それぞれハイレゾ配信で連続リリースされることに伴い、第1弾として発売されるもの。

『はじめてのやのあきこ』は、当時30周年の節目を迎えた矢野顕子の記念碑として企画され、2006年3月に発売したアルバム。忌野清志郎とのデュエットが泣ける名曲「ひとつだけ」、矢野の大ファンとして知られるYUKIと歌う「ごはんができたよ」、上原ひろみとのピアノセッションが火花を散らす「そこのアイロンに告ぐ」など、既存曲で個性豊かなアーティストと共演しているだけでなく、このアルバムのために井上陽水との共作で書き下ろされた「架空の星座」を含む全7曲を収録している。

『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』は、タイトル通り忌野清志郎の楽曲を彼女なりにアレンジしたカバー・アルバムで、収録楽曲10曲中8曲は『Home Girl Journey』なども制作されたN.Y.郊外にある矢野顕子のプライベート・スタジオ「PUMPKIN STUDIO(パンプキンスタジオ)」にて弾き語り録音され、伝説のエンジニア吉野金次氏の手により仕上げられた。清志郎がHISで試みた日本語カバーをさらにアレンジした「500マイル」は圧巻。ジャケットで履いている清志郎印のブーツもキュートな矢野の清志郎への想いが込められた傑作だ。

11月にはコンサートホールで収録された矢野顕子の真骨頂とも言える弾き語りアルバム『音楽堂』をはじめ、DSDフォーマットで制作されSA-CDとしてもリリースされている『ホントのきもち』、そして矢野顕子念願のグラミー賞受賞音楽プロデューサー「T・ボーン・バーネット」プロデュースで制作された自身の名を冠した必聴の名盤『akiko』の3作品が登場する予定。また、全5作品ともハイレゾ配信と共にアナログLPでもリリース。アナログカッティングの第一人者である小鐵徹氏のカッティングにより、「マスターの再現に注力した復刻」ならではの音を楽しむ事が出来そうだ。OTOTOYからはハイレゾ配信が予定されているので、豪華アーティストたちと矢野の共演を耳を澄ませてほしい。(岡本貴之)

・矢野顕子オフィシャル・ウェブサイト
http://www.akikoyano.com/

『はじめてのやのあきこ』
■発売日:2015年7月29日
■配信曲(全7曲)
01. 自転車でおいで (槇原敬之との共演)
02. 中央線 (小田和正との共演)
03. PRESTO (Acoustic Version)
04. ごはんができたよ (YUKIとの共演) *アルバムバンドル配信のみ
05. 架空の星座 (井上陽水との共作・共演)
06. ひとつだけ (忌野清志郎との共演)
07. そこのアイロンに告ぐ (上原ひろみとの共演)

『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』
■発売日:2015年7月29日
■配信曲(全11曲)
01. 500マイル
02. 毎日がブランニューデイ
03. デイ・ドリーム・ビリーバー
04. 誇り高く生きよう
05. 雑踏
06. 多摩蘭坂
07. 胸が張り裂けそう
08. 約束
09. 恩赦
10. セラピー
11. ひとつだけ (矢野顕子 with 忌野清志郎)
※詳細はオフィシャル・ウェブサイトまで

『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』 トレイラーPart1[公式]

https://youtu.be/w-yBHhbTsmk

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP