ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年最も刺激的な電子音のすばらしき冒険、タイヨンダイ(元バトルス)新作『Hive1』、OTOTOYにてハイレゾ配信今夜開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

じわりじわりとすでに話題になっている6年ぶりのタイヨンダイ・ブラクストンの新作『Hive1』。本作のハイレゾ配信が5月13日(本日深夜0時)より、OTOTOYではじまる。ファイル・フォーマットはPCM 24bit / 88.2kHz(WAV / ALAC / FLAC選択可能)。

フリージャズの巨匠、アンソニー・ブラクストンを父に持ち、ポスト・ロックの最重要バンド、バトルスの元メンバーでもあり、ワシントンポスト紙をして『この10年で最も評価されている実験音楽家』と評されるタイヨンダイ・ブラクストン。

ビョークも絶賛し、実験音楽家としての評価を決定付けた前作『Central Market』とはうって変わって、そんな彼の最新作『Hive1』はピュアなエレクトロニクスとアフロ・パーカッションが、クリアに”鳴る”まるで電子音の彫刻のような美しさを持つ作品。まさに、音のへの驚きがすなわち感動となるそんなサウンドとなっている。今年前半のレフトフィールドな音楽、さらにはテクノやエレクトロニカ、もちろんポストロックなども巻き込んで、2015年のハイライトとも言える作品だ。

またリリース・レーベルはスティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスなどミニマル・ミュージックの大御所などもリリースする現代音楽の牙城〈ノンサッチ〉から。

ここ最近エレクトロニック・ミュージック・シーンといえば大御所たちのある種、彼ららしい、いい意味で保守的な作品が続いたなかで、まさに先へ、先へと進む、電子音響の最前衛はここにある。

ミニマルミュージックの巨匠フィリップ・グラスとの交流や、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、シドニー・オペラハウスなどでの公演を経て辿りついた音楽の新たな地平線。これを聴き逃したら、2015年後半いきなり損しますよ!

そんでもって7月の来日は必ず行くべし!
(河村)

・5月13日(本日深夜0時)より下記ページで配信開始、タイヨンダイ・ブラクストン『Hive1』(24bit / 88.2kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/51972

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP