ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「SUMMER SONIC」と仏野外フェス「ユーロックエーヌ」が提携、双方の推薦アーティストが出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

左から クリエイティブマン 清水直樹氏、フランス在日大使 ティエリー・ダナ氏、ユーロックエーヌ代表 ジャン=ポール・ローラン氏
今年で16回目を迎える都市型音楽ロックフェスティバル「SUMMER SONIC」と毎年10万人以上の観客を動員するフランス最大級の野外ロックフェスティバル「ユーロックエーヌ」がパートナーシップをスタートする。

5月11日に行われた会見には、「SUMMER SONIC」を運営するクリエイティブマンプロダクション代表取締役社長 清水直樹氏、「ユーロックエーヌ」代表 ジャン=ポール・ローラン氏、そしてフランス在日大使 ティエリー・ダナ氏が登壇した。

「ユーロックエーヌ」は、1989年に設立され、フランス東部のベルフォールで開催されている野外フェス。豊かな自然の中で音楽を楽しむフェスとして知られ、毎年フランス国内外から多くの音楽ファンが参加する。

今回のパートナーシップの一環として、7月3〜5日に開催予定の「ユーロックエーヌ2015」には、「SUMMER SONIC」が推薦する日本のアーティストとして、THE BAWDIES、Seiho、BONINGEN※が出演することが決定。また、5月15〜16日に開催の「SUMMER SONIC2015」には、「ユーロックエーヌ」が推薦するフランスのアーティストとして、THE DØ、Carbon Airways、Valy Moが参加する。
※記事公開当初、マキシマム ザ ホルモンが出演と記載されていましたが、事実とは異なる報道でした。お詫びして訂正いたします。2015年5月17日

「SUMMER SONIC」がこのような形で海外の音楽フェスティバルと提携するのは今回が始めてとなる。

クリエイティブマンプロダクション代表取締役社長 清水直樹氏 コメント
今回フランスと日本のアーティストを交換するという画期的なアイデアを実現することができ、喜びを隠せません。クリエイティブマンは、国内では10のフェスを有しており、年間200〜300のショーを開催しています。今後は、より海外に向けて日本のアーティストを出していきたいと考えており、その中で「ユーロックエーヌ」という非常に歴史のあるフェスに出演できるということは、日本のアーティストにとって、この上ないチャンスだと思っています。この企画が双方の国、そしてアーティストにとって、飛躍の足がかりになることを願っています。

「ユーロックエーヌ」代表者 ジャン=ポール・ローラン氏 コメント
「SUMMER SONIC」とのパートナーシップを提案していただき大変光栄に思っております。「SUMMER SONIC」の話しは以前から耳にしており、多くの共通点を感じていました。同時に若いアーティストを紹介し新しいシーンを創出するという同じ目的を持っているとも感じました。このような交流はすでに各国でも行われていますが、それぞれのフェスティバルを通し、日本のアーティストとフランスのアーティストの本格的な交流を実現したいと思います。また、パートナーシップは今回だけでなく、継続して続けていきたいと考えています。

関連リンク

SUMMER SONIC
クリエイティブマンプロダクション
ユーロックエーヌ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP