ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゼレンスキー率いる「国立モスクワ音楽劇場バレエ」いよいよ5年ぶりの来日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元マリインスキーバレエのトップスター、イーゴリ・ゼレンスキーが芸術監督として率いる「国立モスクワ音楽劇場バレエ」が、劇場専属オーケストラと共に総勢160名で5年ぶりの来日を果たす。

元ボリショイのダンスール・ノーブル、アンドレイ・ウヴァーロフが同バレエ団スーパーバイザーを務める今回の来日では、劇場の代表作、ブルメイステル版「白鳥の湖」(全4幕)とブルメイステル版「エスメラルダ」(全3幕)の2作品を上演する。

世界で20以上もの異なる振付けがあり、結末がハッピーかアンハッピーかでも異なるバレエ演目の中の金字塔「白鳥の湖」。ブルメイステル版は、オデットが白鳥に姿を変えられる序章場面と、愛の力で人間に戻るというハッピーエンドの集結場面を導入。また、物語色が濃いチャイコフスキーの書いた曲の構成を復活、曲の順番を出来る限りオリジナルに戻し、物語をわかりやすくしている。衣装、照明、舞台全体を計算し尽くした構成で、生演奏とともにたたみかけるように物語が展開する。

また、ヴィクトル・ユゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」が原作の、麗しきジプシーの踊り子エスメラルダと彼女をめぐる男達の物語を描く「エスメラルダ」は、世界でも全幕は滅多にお目にかかれない名作。報われぬ愛と群衆のエネルギーを鮮やかに描いた演出が素晴らしい。

「国立モスクワ音楽劇場バレエ」は『エスメラルダ』が5月20日・21日、『白鳥の湖』が5月23日・24日を東京文化会館大ホール(上野)にて開催、チケットは現在発売中。

関連リンク

「国立モスクワ音楽劇場バレエ」サイト:http://kyodotokyo.com/mamt

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。