体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あえて甘いもの食べちゃう! 「濃厚スイーツダイエット」が意外にアリ

150508sweets.jpg
万年ダイエッターな私。どうしても間食をやめることができず、やめられないことにもストレスを感じてしまうなんてことも多くありました。
ですが、考えかたをちょっと変えただけで、現在約2キロの減量に成功中なんです。
そのダイエット方法をご紹介します。

あえて濃いスイーツを我慢しないで食べてみる

ダイエット期間は避けなきゃと考えるスイーツですが、あえて濃いものをひとつだけチョイスして食べるというのが、私流のダイエット法。
「ひとつで十分!!」と思えるような濃厚スイーツは満足感があるので、ドカ食いの防止になるんです。
また、食べちゃダメ! というストレスがないのでとっても気楽。
食事をセーブするダイエットは2、3日しか続かない…。そんなダイエッターにはとってもおすすめなんです。

おすすめの濃厚スイーツ

濃厚スイーツのおすすめは、スニッカーズやブラックサンダー、ティムタム
150508sweets1.jpg
スニッカーズ(ミニ)は1本96kcal、ブラックサンダーは110kcal、カルディで手に入るティムタムは1枚約99kcal。
ひとつでこのカロリーだと考えると、ダイエッターにとってはとても怖いスイーツなのですが、味が濃いのでひとつ食べるだけでも満足感は◎です。
小腹が空いてしまったときにコンビニでついつい購入してしまうミニパックのお菓子は200kcal以上がほとんどなので、そのお菓子と比べると罪悪感が半分以下なのもうれしいポイント。
写真のスニッカーズは普通サイズで247kcalですが、1日に何度も小腹が空いちゃうときに、数回にわけて食べるのにおすすめです。

ひとつだけルールはきちんと守る

どんなスイーツをチョイスしても、ほどほどのカロリーと「ひとつだけ」というルールは必ず守ることが鉄則。
カロリーと満足感を考えて、自分にぴったりの濃厚スイーツを見つけるのも楽しいですよ。ダイエット中だってことを忘れてしまうくらいです(笑)。
ダイエットは無理したって失敗のもと。間食がやめられない暴食タイプのダイエッターは、濃厚スイーツダイエットを試してみてはいかがでしょうか?
cupcake image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
タイミングを変えるだけ。プルプル唇を長持ちさせるリップの法則
「朝ラン」がダイエットと美容に効果的なワケ
その肌、本当に保湿されてる? かんたんにできる「保湿力チェック」

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy