ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現地在住の日本人がガイドしてくれる! ひと味ちがう海外旅行を楽しみたい人必見のサービス「たびのたつじん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行代理店などに頼ることなく、自分でプランを立てて海外を旅する場合、冒険的な楽しさがある反面、文化・習慣の違いに戸惑ったり、治安がどうかと不安になったりするもの。ツアーに参加すればそうした心配は少ないものの、「それでは現地のナマの空気が味わえない」と感じる人もいるだろう。

今回ご紹介する「たびのたつじん」は、そんな海外旅行の「あちらが立てばこちらが立たず」な悩みを解消してくれるウェブサービスだ。というのも、ここに掲載されているツアーはすべて、現地在住の日本人がガイドするもの。現地のレジャー会社や個人がツアーを掲載しているため、旅行代理店を通したツアーよりも安価な料金設定となっている場合が多く、そこに住む人だからこそ知るガイドブックに載っていない穴場的スポットを訪れるツアーもあるそう。もちろん、日本人が日本語で案内してくれるという点が安心できると感じる人も多いだろう。

実際にサイトを見てみよう。たとえば、日本から手軽に行けるリゾートとして人気のフィリピン・セブ島では、ジンベイザメと一緒に泳ぎ、セブ最大のカワサン滝で遊ぶことができるツアーが約12時間で1人18000円というお値段。このプランの場合、交通費や食事代などは別途だが、ガイド代・施設入場料は込みとなっており、旅行会社が販売するオプショナルツアー(1人平均25000円程度)よりお得だと感じられる。

「たびのたつじん」を運営する株式会社Rising Asia社長の三木健司さんも海外に住んだ経験があり、そのときに日本人旅行者をガイドして喜ばれたのが、このサービスを発案するきっかけになったそう。「『AirBnB』(エアビーアンドビー=空き部屋を賃貸借できるプラットフォームサービス)が"宿泊"の概念を変え、同じように『Uber』が"移動"を変えたわけですが、次は"体験"の概念を変えていくサービスが登場していくと考えています。こうした中で『たびのたつじん』が目指すのは、"世界ナンバーワンの体験プラットフォーム"です」(三木さん)と、今後の目標を教えてくれた。

「たびのたつじん」で提供されるツアーは10カ国以上で行われている。また、「一人様歓迎」「カップル向け」「団体歓迎」など、どういった旅行者に向いているかもサイトに表示されており、さまざまな旅の目的に対応できるのが魅力。バックパックを背負って1人で海外に行く人から家族旅行を検討中の人まで、多くの人が利用できるウェブサービスといえるだろう。

旅の体験をより思い出深いものに変えてくれる、「たびのたつじん」。夏の海外旅行を計画する際、ぜひ利用してみてはいかがだろうか。

関連リンク

たびのたつじん

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP