ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本場中国から取り寄せるスパイスが決め手! 西安料理「刀削麺」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月9日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で「ランチパスポートで500円グルメ 築地・銀座編」と題して、番組リポーターの福井仁美さんと大沢ひかるさんが「西安料理 刀削麺園」(東京都中央区)を訪れた。
 
 同店は、刀削麺の実演がある中国の西安料理店。「ナスの山椒炒め」(1080円 税抜き)や「ラム肉のズーラン炒め」(1280円 税抜き)など、中国から取り寄せた様々な香辛料を使ったパンチの効いたメニューが80種類以上ある。小松菜に肉味噌たっぷりのパクチーがのった「坦々刀削麺」(800円 税抜き)は、ランチパスポート価格なら500円(税込み)で食べられるのでおすすめだ。豚骨、鶏ガラを入れ3時間煮込み甘さを抽出したスープに、中国から取り寄せる10種類のスパイスにショウガやネギを加える。漢方にも使われる香辛料を調合しスープに入れることで体の芯から温まる。

 「坦々刀削麺」を食べた大沢さんは「見た目もっと辛いかと思ったんだけど、スープを口に入れた瞬間は甘みを感じさせるマイルドな辛さ」だとコメントした。福田さんも「すごく辛くはないんだけど物足りなさはない、体がポッポッとしてくる」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:西安料理 刀削麺園 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×中華のお店一覧
おかわり自由! ふわっふわの焼きたてワッフルが食べ放題の店
渡辺裕太の行きつけ! ズワイガニと九条葱のコラボが嬉しい新感覚パスタ!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP