体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Photoshopより安くてスゴイ!?「Pixemator」がついにiPhone対応&半額セール開始

デジタル・IT
Pixelmator

写真編集といえば、Adobe社のPhotoshopが代表的存在。

しかし難点は、値段が少し高いということ。そこでオススメなのがPhotoshop代替として名高い「Pixemator」。Mac用3000円、iPad用1200円と比較的リーズナブルで、“Photoshopよりスゴイ”といった声も聞かれるほどの高性能が売りだ。

そのPixemator、iPad用が間もなくiPhoneでも使えるようになるという。しかも、現在、600円と半額になっていて、今ダウンロードしておけば、iPhoneでも自動的に利用できるようになる。

Pixemator3

・部分拡張などの新機能も

Pixematorには数々のツールが用意され、細かなレタッチや色調整、レイヤーを使った編集などができる。

そして新バージョンでは、iOSのテクノロジーをフル活用し、部分拡張・縮小ができるなどグラフィックス加工処理が素早く行える新ツールも加わるとのこと。

・端末間もシームレスに

また、iPadとiPhoneでシームレスに作動するのも便利だ。出先ではiPhoneを使って、帰宅してからはiPadで作業をして作品を仕上げるということができる。ちなみにMac用も現在1500円と半額となっているので、併せて使うのもありかもしれない。

仕事で毎日使う人ならまだしも、趣味で画像加工をする人にとって、Photoshopのように月額使用料が発生するのは痛い。

そんなユーザーならPixematorは試す価値はあるだろう。iPad用アプリのダウンロードはこちらから。

Pixemator

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会