ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

池上彰氏と佐藤優氏が社会の矛盾に挑む方法を教えてくれる書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『希望の資本論 私たちは資本主義の限界にどう向き合うのか』池上彰・佐藤優/朝日新聞出版/1188円

 最近は景気が上向いているといわれるが、多くの人は生活が苦しいと感じている。当代一のベストセラー著者の2人は、会社が提供した環境で労働者が働く資本主義社会では、ブラック企業が横行するのも、格差が広がるのも当然だという。

 だが豊かになれるのはごく一部で、勝ち組になるには厳しい競争を勝たねばならない社会は、崩壊する危険もある。このような時代を生き抜くため、知性を磨く、社会での立ち位置を考えるなど具体的な方策が示してあり、希望を与えてくれる。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【書評】異色エコノミストと若き哲学者が経済を徹底討論
悪文の代表のような「資本論」を分かりやすく説明している本
志位和夫氏 共産党が政権とっても民主主義破壊することない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP