体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

車中泊ブーム到来!?本格シーズン目の前に楽しみ方をちょこっと紹介

この数年、急激に人気が高まっている「車中泊」。旅先で旅館やホテルに宿泊せず、車に宿泊するという旅のスタイルです。
新聞などではこの現象を「車中泊ブーム」と紹介されることが最近増えており、さらに専門誌や専用グッズが数多く発売されるなどもしています。

【関連:ネットで話題の「リーゼントプリウス」から日産の「BBQ」特化車まで珍車集まる『ジャパンキャンピングカーショー2015』行ってきたよ~】

オートキャンプ場

こうしたブームや震災後の意識の変化もあり、特にキャンピングカーへの注目は高く、日本RV協会が発表した『キャンピングカー白書2014年』によると、業界全体での売上げ金額は2011年・210億、2012年・281億、2013年・309億と順調に伸ばし、国内での総保有台数も2011年・75,600台、2012年・80,500台、2013年・85,200台と同じく右肩上がりで推移。

キャンピングカー白書2014年 キャンピングカー白書2014年

また、キャンピングカーの場合には「自作派」も多く存在し、さらには普通の車を工夫して快適性を高め車中泊旅を楽しむ人も増えているため、車中泊市場の全体はさらに大きいことが予想されます。

一昔前には車中泊というと「貧乏臭い」「くつろげない」など、酷い言われようでしたが、最近では市販の便利グッズも充実し、更に全国各地に道の駅も配置され、以前よりは工夫次第で快適に過ごすことができるようになっています。

では実際はどんな風に過ごしているのか?何が楽しいのか?その様子を少しだけ紹介してみたいと思います。

■出発前から旅が始まっている

普通、旅行にでかけるときは、行き先を決め、ホテルを決め、ホテルや移動の手配をして完了。あとは何をするか胸をときめかせ、ガイドブックを眺めつつ……となるかと思います。
しかし車中泊の場合には、車中泊可能な場所、キャンピングカーが大きい場合には走行ルート、入浴できる場所の調査、さらには行き先の気候に応じた設備の入れ替えなど何気にやることが沢山あります。
勿論、ふらっと行き当たりばったりも楽しいのですが、筆者の場合はあれこれ事前に調べたり、準備をする段階が楽しいので、これらの準備は念入りに行うようにしています。
あ、説明が後になりましたが筆者もキャンピングカーユーザーの一人です。

■宿泊先は道の駅からオートキャンプ場まで様々

「車中泊」での宿泊先は、ふらっと・自由に立ち寄れる道の駅やサービスエリア・パーキングエリア(以下、SA・PA)を利用する人がほとんどです。
道の駅やSA・PAの場合、一部を除き車中泊を許容してくれるところが多く、基本無料で利用できます。
ただ一部ではマナーの悪い人達の登場により、車中泊を禁じているところも出始めており、「車中泊ブーム」が抱える問題でもあります。

道の駅 PA
1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy