ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注文があってから豆を挽く、丁寧なハンドドリップでこだわりのコーヒーが楽しめる店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月9日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)、「石塚英彦の通りの達人」のコーナーで「清澄白河編」と題し、タレントの石塚英彦さんが「TAROS CAFE(タロスカフェ)」(東京都江東区)を訪れた。

 都営大江戸線森下駅すぐの同店は、もともとは蕎麦店だった店舗を改築したカフェ。今やコーヒーの聖地として注目の街である清澄白河で、おいしいコーヒーが味わえると評判だ。自慢のコーヒーは、注文があってから豆を挽き、一杯ずつ丁寧にハンドドリップで提供される。コーヒーをおいしく入れる秘訣として店長は「30秒蒸らしてから、90度のお湯で入れるのがポイント」と語った。今回、石塚さんは、オリジナルの「タロスブレンド」と「昔ながらのプリン」がセットになった「デザートセット」(700円 税込み)を注文した。

「いただき増田明美!」とギャグを放った石塚さん。コーヒーを飲んで「駿河湾より深いですね。甘みもちょっとありますね。これはうまいって分かる」とコメント。そして「昔ながらのプリン」を食して「まいう~違反で逮捕する。うわ~、うまいですね」と称賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:TAROS CAFE(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:南砂町・菊川のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:南砂町・菊川×カフェ・スイーツのお店一覧
注文があってから豆を挽く、丁寧なハンドドリップでこだわりのコーヒーが楽しめる店
午後には連日完売!お好みで量が選べるモッチモチの手打ちうどん

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP