ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー 野蛮行為に関する処罰がほぼ完了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 以前住んでいた自宅付近の家屋に卵を投げ起訴されたジャスティン・ビーバー。同件における執行猶予の条件を、ほとんど終わらせつつあるとの情報が入った。

 先日、ロサンゼルス裁判官に届けられた報告書によれば、ジャスティン・ビーバーは、カッとなる正確を管理するためのセッション、アンガーマネジメントクラスの受講を終了。施設強化作業を行うためにサウスロサンジェルスのグループに申し込み、5日間におよぶ社会奉仕活動を終わらせたという。

 ビーバーは去年、ロサンゼルス郊外にあるカラバサスのゲートで囲われた地域にあった彼の近所の家屋に対し8万ドル(約960万円)もの損害を起こし、全額弁償した彼はその後引っ越している。

 なお、ロサンゼルス上級裁判所に対する次の進捗報告は、8月3日に予定されているとのことだ。

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー×ローラ、「アイ・リアリー・ライク・ユー」のスペシャル・コラボMVが完成
ステレオフォニックス、通算9作目のアルバム『キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ』を9月発売 1stシングルMVも公開
Album Review:シアラ 人間的に大きな成長を経て、新たな到達点へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP