ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの“睡眠の質”を見守るスマートベッド 起き出したらアラートでお知らせ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あらゆるものがスマート化している中、今度はスマートベッドが登場した。開発元のSleep Numberでは、大人向けのスマートベッドに続き、国際的な家電見本市CES2015で、子ども向けの「SleepIQ Kids bed」を発表。

特に成長期の子どもにとっては、良質な睡眠は非常に大切なもの。そんな親にとっても気になる“睡眠の質”を把握するのに、このスマートベッドが役に立ってくれそうだ。

・マットレス内部に小型センサーを搭載

ベッドのマットレス内部には小型のセンサーが搭載されていて、上に寝ている人の動きや圧力を、デジタル信号としてキャッチ。また、睡眠中の子どもの呼吸や鼓動も追跡する。

・“睡眠の質”は100点満点で表示

これらのデータは他の要素と合わせて、複合的に解析される。そして翌朝には、“SleepIQスコア”として1~100点までの点数として算出。もちろん、より高い点数の方がよりよい睡眠ということを示している。

・データは、ダッシュボードでまとめて閲覧可能

これらの計測データは、ダッシュボードにまとめて表示され、子どもがどれくらい熟睡しているのかなど、親はAndroid、PCで結果を随時チェックすることができる。万一、子どもがベッドから出たことが検知されると、親のデバイスにリアルタイムでアラートを送って知らせてくれるという。

さらに、歯磨きなど就寝までにやらなければいけないルーチンワークのチェックリストを編集することもでき、子どもも楽しく日々の習慣をおこなえる。

親は1ヶ月の記録データをまとめた月間レポートを見て、子どもの睡眠パターンがどう変化しているのか把握できるというわけ。

・便利な機能も保有

このベッドマットレスは少し角度をつけることができるので、本の読み聞かせをするときや、子どもが起き上がるときにも都合がよい。また、ベッド下にはやわらかな光が点灯する照明が設置されており、夜間に子どもが起き出したときにも、間接照明になってくれるので安心。親がリモートコントロールでスイッチオフできる点も便利だ。

大人も子どもも、日々の健康は良質な睡眠から。このようなツールを賢く活用したいものである。

SleepIQ Kids

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP