ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーリー・レイ・ジェプセン×ローラ、「アイ・リアリー・ライク・ユー」スペシャルコラボMV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カーリー・レイ・ジェプセン×ローラ、「アイ・リアリー・ライク・ユー」スペシャルコラボMV公開

全世界で大ヒットした楽曲「コール・ミー・メイビー」の電話のポーズを使用したパロディ・ビデオがジャスティン・ビーバーやケイティ・ペリーなどが世界的に社会現象化し、大きな話題となって約3年。カーリー・レイ・ジェプセンの新曲「アイ・リアリー・ライク・ユー」でカーリーとモデル/アーティストとして活躍するローラの最強のコラボが実現、スペシャルコラボ・ミュージックビデオが完成した。

2人の共演のきっかけはカーリーの「コール・ミー・メイビー」の楽曲についてローラがSNSで投稿したことからスタート。そして、ローラ自身が同楽曲のパロディ・ビデオを日本でいち早く制作し、動画サイトで公開し話題に(現在、1,700万回以上の再生回数を記録)。そんな2人は、カーリーがプロモーションで来日した際に、初対面。その際「いつか2人で一緒にミュージックビデオを撮りたいね」という約束が交わされ、今回のコラボが実現した。

本スペシャルコラボ・ミュージックビデオは、カーリー本人が語る楽曲コンセプトである、「まだちょっと“愛してる”と言うには早すぎるけど、ただの“好き”よりも“ホントにホントにホントに好き”という関係」=「アイ・リアリー・ライク・ユー」のメッセージがわかりやすく伝わるように、カーリー、ローラの2人をはじめ、今回ミュージックビデオ撮影に関わった全てのスタッフ、そしてこのビデオを見る人たちがハッピーに包まれるような内容になっている。

今回のビデオの撮影は、4月上旬、カーリーのプロモーション来日の際に行われ、カーリーは、「前回来日した際にお会いしたのに続き、今回また久しぶりに会えて、友だちと一緒にプロジェクトをできることが嬉しかったです」とコメント。ローラも、「Me Too! 私もすごいなんか、楽しかったし、前回会えてるので、全然リラックスして、もうずっと踊って、おなか痛い、今。踊りすぎて(笑)」と久々の再会を喜んだ。

撮影については、「オープニングのシーンでカウチ(ソファ)でおしゃべりするシーンがあったのですが、本当にローラさんがラスヴェガスに行った時のお話を聞いていて、本当に友達と久しぶりに会って『どうだったの?』とか話す感じで、カメラが回っていることも忘れるくらいでした!」(カーリー)「なんかすごいキュートな部屋だったし、あと、ダンスがもともと大好きだから、まだまだ踊れるくらい、もう、すっごい楽しかった!」(ローラ)とコメント。

「ハッピーでキュートなビデオだから、大人から子供までみんなに見てほしいな」(ローラ)が語る、スペシャルコラボ・ミュージックビデオはカーリーの日本公式ページで公開中。

カーリー・レイ・ジェプセン×ローラ「アイ・リアリー・ライク・ユー」ミュージック・ビデオ

関連リンク

カーリー・レイ・ジェプセン日本公式サイト:http://beta.universal-music.co.jp/carly-rae-jepsen

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。