ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HiSenseはグローバル向けAndroidスマートフォン「K8」を準備中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の家電メーカー HiSense(海信)がグローバル展開する新しい Android スマートフォン「K8」を準備していると現地の WEB サイト cnBeta が伝えました。同サイトによると、K8 は 5.5 インチのフル HD ディスプレイや 64bit 対応のオクタコアプロセッサ 2GB RAM、16GB ROM、2,750mAh バッテリー、背面に 1,300 万画素カメラ(Sony 製 IMX214)、前面に 800 万画素カメラ、Android 4.4 ベースの独自ファームウェアを搭載しているそうです。また、K8 は世界のモバイルネットワークの中でも複数のキャリアが採用しているグローバルバンドをサポートした機種になるとも伝えられています。筐体のデザインは特に伝えられていませんが、cnBeta が公開した画像の通りならメタルフレーム & シャシーを採用したものになると予想されます。K8 のリリース時期については、5 月下旬に中国だけでなく、中国以外の市場向けにも発表される予定で、価格は 2,999 元(約 58,000 円)になるそうです。Source : cnBeta


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android TV用Google Playストア新バージョン v5.4.12-leanbackをリリース
Google Playミュージックのストアにアーティストの人気度指標が追加
NTTドコモ、「Xperia Z2 SO-03F」と「Xperia Z2 Tablet SO-05F」の17.1.1.B.3.240アップデートを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP