ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐村河内氏映画「森監督なら」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ニッカンスポーツ・コムが、ゴーストライター騒動で話題となった佐村河内守氏のドキュメンタリー映画の製作が進行しているという話をスクープし、話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

佐村河内氏は、耳が聞こえないながらも「交響曲第1番《HIROSHIMA》」などを作曲したとして脚光を浴びた。しかし2014年2月、作曲家の新垣隆氏が18年間ゴーストライターを務めたことを告白。佐村河内氏は耳が聞こえていることも暴露した。これに対し、その後、佐村河内氏は全聾ではないが聴覚障害は残っていること、新垣氏が楽曲製作に大きく携わっているものの指示書は自身が書いていることなどを主張する反論会見を行って、世間を賑わせた。

その後、新垣氏は元来の才能と真面目な人柄が受け、メディアに引っ張りだことなっているが、佐村河内氏の話が表に出るのは久しぶり。記事によれば、オウム真理教を題材にした映画『A』の監督・撮影・編集を担当し、最近では『僕のお父さんは東電社員です』(現代書館)、『311を撮る』(岩波書店/共著)などを執筆している森達也氏がメガホンを取るという。森氏は「佐村河内氏への見方が変わる可能性も示唆」しているそうだ。

Twitterには、

「佐村河内の映画誰得なんwww」
「佐村河内映画化で早朝から草不可避」

と驚きの声があがる一方で、

「まさかすぎるだろwwwエイプリルフールじゃないんだから…。ただ、見方が変わるってところはちょっと興味あるな」
「森さん監督なんだ。見たい」
「森達也の映画を初めて真剣に観たくなった」
「お!そうか森さん、こんな題材だったのかー!楽しみだ!!」

など、社会派ドキュメンタリー作品の製作に定評がある森氏が手がけるなら見たいという意見も多数。劇場公開スケジュールなどは未定とのことだが、上映されれば関心を集めそうだ。
(R25編集部)

佐村河内氏映画「森監督なら」の声はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

2014年B級ニュースTOP10
髪切った佐村河内氏イジラれまくり
新垣隆氏、ラップコラボが素敵すぎ
作曲家・新垣氏「モデル企画」好評
新垣氏の新曲にハマる人続出中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP