ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

雑貨からLINEスタンプ作家まで、アーティストが集結するデザインフェスタ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
雑貨からLINEスタンプ作家まで、アーティストが集結するデザインフェスタ

J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。5月11日のオンエアでは、東京ビッグサイトで開催される「デザインフェスタvol.41」に注目しました。

今年で21年目、通算41回目を迎え、クリエイターの登竜門として定着したアートの祭典「デザインフェスタ」が、今週末の16日(土)、17日(日)に東京ビッグサイトで開催されます。

幅広いジャンルの表現者が、各ブースにて、アーティスト自ら作品を展示・販売するこのイベント。1994年にスタートし、「表現しているすべての人のために開かれた場所」というコンセプトのもとに、多くのアーティストを応援してきました。年々、出展者も来場者も熱さを増し、今年の出展ブースの数は3000、参加するアーティストの数は1万人を超えるのだそうです。

そんな巨大祭典をどう楽しむのがよいのでしょう。デザインフェスタ広報の伊藤梓さんに聞きました。伊藤さんによると、最近の傾向はハンドメイドの作品や雑貨といったものが多く見られるのが特徴なのだとか。

「一番の魅力は、直接、出展者であるアーティストと交流ができることだと思います。また、一点物を探しに来られる方が非常に多いなとは感じるので、ほかのお店とかにはない、自分だけの一点物をぜひ探しに来てほしいなと思います」(伊藤さん)。

一方でCGやプログラミングを使用したインタラクティブな作品や、オリジナルのLINEスタンプを販売する出展者も増えているそうです。最新の技術をアーティストがどのように使っているのか、具体的な作品で見ることができるのも貴重な体験ですよね。

さらにイベント会場では、アートの出展ブースだけでなく、ショーステージやライブステージが楽しめます。世界各国の味が楽しめるレストランエリアも充実しているのだそう。

バッグやアクセサリーなどのお気に入りの一点物を見つけるのもよし、最新のクリエイティブ作品に刺激されるもよし、はたまた、お気楽にお祭り気分を楽しむのもよし。男女年代を問わず、さまざまな楽しみ方ができそうですね。今週末は「デザインフェスタvol.41」に出かけてみてはいかがでしょうか。創造力を刺激するアートとの出合いがあるはずです。

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。