ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

37ショップが工夫を凝らした乳製品の逸品からNO.1を決めよう!松坂屋上野店がお客様参加型でメニュー開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫


松坂屋上野店は、原材料価格の高騰や円安などの影響を受け、値上げ傾向にある食品の中でも牛乳・乳製品に注目し、お客様に乳製品のおいしさと魅力を再認識していただき、消費意欲を盛り上げることを目標に、牛乳や乳製品を使ったオリジナルメニューを開発した。

5月13日(水)~22日(金)の期間中に、対象売場でお買い上げのお客様にご投票いただき、食べたいメニュー「NO.1」を決定するグランプリを開催する。

エントリーには、惣菜、スイーツをはじめ、パンやレストランなど全37ショップが揃う。

<北辰鮨>(B1ほっぺタウン)からは、小岩井チーズとスモークサーモンのライスバーガー(500円)がエントリー。ぬるクリームチーズととろけるスライスチーズを酢飯でサンドした見た目も鮮やかな一品。

<佃浅>(B1ほっぺタウン)は、チーズと夏野菜の旨汁ジュレ(432円)を開発。夏らしい爽やかなジュレとチーズが絶妙に合う一品だ。

<新宿高野>(1Fほっぺタウン)はフルーツヨーグルト(410円)でエントリー。たっぷりのフルーツ&ヨーグルトソースを載せたデザートケーキだ。

その他にも、牛乳や乳製品を使ったオリジナルメニューがたくさん揃うのでどれに投票しようか迷ってしまう。グランプリは5月27日(水)に発表され、ランキング上位メニューは、継続販売されるとのこと。
食品売り場のバイヤーになった気分で、各店が工夫を凝らして開発した牛乳・乳製品の数々に投票してみよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP