体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チラシにある“月々●円で家が買える”って本当?

チラシにある月々●円で家が買えるって本当?(イラスト:つぼいひろき)

【連載】お金に弱い新米住宅編集きのっぴーの素朴なギモンを、住タコ先生が解決していく連載です。

【画像1】きのっぴー(左):新米の住宅編集者。とにかくお金のことに弱く、編集部内でローンや金利の話で盛り上がっているときは、木のごとく気配を消してその場をやりすごしている/住タコ先生(右):不動産業界に携わってウン十年。なんでも知っているが、特にお金について詳しい。いつも穏やかな物腰でさまざまなことを教えてくれる。怒りスイッチが入るとスミをぶちまける習性がある

【画像1】きのっぴー(左):新米の住宅編集者。とにかくお金のことに弱く、編集部内でローンや金利の話で盛り上がっているときは、木のごとく気配を消してその場をやりすごしている/住タコ先生(右):不動産業界に携わってウン十年。なんでも知っているが、特にお金について詳しい。いつも穏やかな物腰でさまざまなことを教えてくれる。怒りスイッチが入るとスミをぶちまける習性がある(イラスト:つぼいひろき)

きのっぴー:先生!たまに「今の家賃と同じ金額で家が買えます!」という新築住宅のチラシがポストに投函されます。あれを見ると、「今の家賃と同じ金額で家が買えるのなら欲しいなぁ…」と思ってしまうのですが、ちょっと信じられない気持ちもあります。本当に今の家賃と同じくらいで家が買えるのでしょうか?結論は「買える」。でも…

きのっぴー:このチラシは2680万円の新築分譲の物件で、頭金ゼロ円、ボーナス払いなし、月々7万1661円とあります。月々7万円ちょっとって、正直いまの家賃と変わらないのですが、これって信じていいんですか?

【画像2】分譲戸建てのチラシの例(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】分譲戸建てのチラシの例(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

住タコ先生(以下住タコ):どれどれ…下の細かい字を見ると、金利0.675%で35年返済となってるな。では、計算してみよう(ローン電卓を取り出す)。タコタコタコのタコっと。フムフム、計算は合ってる。
今は世の中的に低金利なのじゃが、このチラシの不動産会社は金融機関と組んで提携ローンを借りられるようにしているようじゃ。提携ローンは通常よりさらに0.1%ぐらい低い金利で借りられるようになっていることが多い。
よって、月々のローン返済はこの金額で間違いではない!

きのっぴー:通常よりも低い金利で借りられるとなると、ローンの審査が通常より厳しくなったりしないんですか?

住タコ:そんなことはないぞい

きのっぴー:ちなみに……これって土地代も込みですか?

住タコ:ブシャアアアアアアア!!!!!(スミをかける音)ばかもん!新築分譲住宅は土地と建物付きの物件のことじゃ!!こんなもんは基礎中の基礎じゃぞい!!!

きのっぴー:ずびばぜんでじだ…そうはいってもリスクはないの?

きのっぴー:月々7万ちょっとで家が買えるとして、裏というか、なにかしらのリスクはないのでしょうか?

住タコ:提携ローンは物件の審査は済んでいるはずじゃから、ローンを借りられるかどうかはその人次第じゃ。安定した収入のある会社員なら、収入に占めるローン返済額の比率が基準を満たしていれば問題ない。
じゃが、自営業やフリーランスの人などは、審査が通っても金利が上がる可能性があるぞい。収入が不安定だと返済のリスクが高い、と金融機関に判断される場合があるからじゃ。
ちなみにSUUMOの金利情報を見ると優遇金利に幅があるケースが多いが、これは借りる人のリスクに応じて金利が変わることを意味しているんじゃぞい。

もしこの物件の住宅ローンを1%の金利で借りたとすると、月々の返済は7万5000円くらい。まあ、ちょびっと上がるくらいじゃな。

きのっぴー:なるほどです。同じ銀行のローンであっても、借りる人によって金利の優遇幅が変わるんですね。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。