ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリックスに新しい風を吹かせる西野真弘!小さくたって負けない、背が小さい選手が必要な理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オリックスの小柄なドラ7ルーキー・西野真弘が奮闘中だ。5月11日現在、22試合に出場し、打率.264と順応している上に、得点圏打率.438と勝負強さを発揮。4月29日の楽天戦では初ホームランも記録するなど、最下位脱出へのきっかけを見出したいチームの起爆剤となりつつある。

 西野は、東海大学浦安高、国際武道大、JR東日本を経て、昨秋のドラフト7位で入団した24歳。167センチという、パッと見は一般人のような体格ながら、50メートルは6秒1という俊足とシュアなバッティング、複数のポジションをこなせる器用さが持ち味だ。

 西野を見出したオリックスの牧田勝吾スカウトは『野球太郎 No.014』の中で、その指名理由をこう話している。

「何よりも彼の野球に対する『がっつき感』というか、気持ちを前面に押し出すプレーが好きですね。それと、バンバン走れる訳ではありませんけど、相手にプレッシャーをかけられる走塁の巧さがあります」とプロ向きのメンタルの強さと、俊足を生かした走塁センスを挙げた。

 さらに、「以前のオリックスは外国人の大砲を揃えているけど、なかなか得点に結びつかないケースが多かったように感じます。(中略)大きい選手の中に、西野のような小さい選手が1人入ると、うまいこと野球が回っていく気がします」と、チーム全体のバランスを考えれば、小柄であることは決してマイナスではなかったようだ。

 12球団の現役で、1軍である程度の成績を残している170センチ未満の選手といえば、野手では163センチの内村賢介(DeNA)、168センチの松本哲也(巨人)、三輪正義(ヤクルト)、中東直己(広島)、169センチの大崎雄太朗(西武)、平野恵一(オリックス)といった名前が挙がる。特に内村賢介は、水口大地(西武・育成選手)と並んで現役選手の中で最も身長が低い。

 投手では、167センチの石川雅規(ヤクルト)、谷元圭介(日本ハム)、169センチの美馬学(楽天)らの名前が挙がる。

 また古くは、首位打者を2度獲得した“小さな大打者”若松勉(元ヤクルト)、その華麗な守備は“牛若丸”とも称された吉田義男(元阪神)、俊足巧打で盗塁王にも輝いた大石大二郎(元近鉄)など、170センチに満たない体格ながらファンを魅了するプレーを連発していた名選手も少なくない。

 ドラフト下位指名ながら、1年目の開幕からベンチ入りし出場機会も与えられていることから、西野がプロ向きの選手であることは間違いない。開幕から調子が上がらない実力者たちが復調し、故障者も戻ってくれば出場機会は減っていく可能性もある。本当の戦いはここからだ。全国の小柄な野球少年たちの希望の星となるべく、さらなる活躍に期待したい。

 5月の『週刊野球太郎』では、『プロ野球格差対決2015』と題し、体格差、年棒差、出身地、境遇といった、さまざまな格差対決を特集! 雄平vs.新井貴浩、三浦大輔vs.松中信彦、西川遥輝vs.石川雄洋……これらは一体、どんな格差対決でしょうか!?

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』では、センバツ優勝の敦賀気比、準優勝の東海大四へ独占野球部訪問を敢行!

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
ゆとり世代の教育もお手のもの!? いまもなお若手を開花させる、球界の名伯楽たち
期間限定で最高レア度! 入場者限定オリジナルユニフォームをゲット!!
FA制度、ストライキ、統一球問題……「労働組合日本プロ野球選手会」が果たしてきた役割とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP