ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『クレヨンしんちゃん』 父・野原ひろしの名言集が沁みる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 漫画『クレヨンしんちゃん』の連載がスタートしたのは、1990年。その2年後にテレビアニメがはじまり、翌年には毎年アニメ映画が製作されるなど、『サザエさん』『ドラえもん』などと同様に、国民的漫画(アニメ)として不動の地位を確立している同シリーズ。どんな困難が訪れても笑顔で乗り切る野原一家の姿に、「理想の家族像」を見る人も多いのではないでしょうか。

 ところで最近、『クレヨンしんちゃん』作中のあるキャラクターに、注目が集まっているのをご存知でしょうか?

 それは誰かというと、しんのすけの父・野原ひろし。

 ひろしには、「だらしない」、「足が臭い」、「特に取り柄がない」と、ちょっとダメなお父さんのキャラ付けがされています。しかし、霞ヶ関の商社に勤務し、ベッドタウン・春日部に一軒家を持ち(ただし、ローンは32年残っている)、専業主婦の妻と2人の子に囲まれる生活は、実はかなりの「リア充」。

 そんな野原ひろしの人物像に、より深く迫れそうなのが『野原ひろしの超名言』。ライター・編集者の大山くまおさんによる著書で、タイトル通り、ひろしが原作漫画、テレビアニメ、劇場版の中で放った名言が収録されています。

 本書の冒頭で大山さんは、「ひろしはとても平凡なサラリーマンです。(中略)でも、家族に危機が迫れば、体を張って守ります」と、人柄を紹介。たとえば次の一言には、その家族愛が大いに表れているといえるのではないでしょうか。

“なんだ、そんなことだったの。いきなり踊り出すから、もっとすげぇことかと思ったぜ。そりゃ、ひと月分はちょっとキツいけど、また頑張って稼ぐさ!”

 これは、妻・みさえがひろしの1ヶ月分の給料をなくしてしまったときにかけた言葉。大山さんは「妻を一度たりとも怒ったり、責めたりしないひろしの度量の大きさは、感動的でさえあります」(同書より)と評します。

 また、ひろしは家庭だけでなく、職場でも同僚たちから慕われています。部下の川口が仕事でミスをしたときには、次のような言葉で慰めました。

“気にしない、気にしない。オレが明日一緒に行って、頭下げるからさ! そしたら向こうさん(註:取引先)もわかってくれるさ”

 部下を使い潰す「クラッシャー上司」といった新語も登場する昨今ですが、大山さんは以上の名言を紹介しながら「エラそうなことを言うだけでは部下はついてきません」(同書より)と上司・部下の関係についても言及しています。

 なお、本書の後半ではみさえやしんのすけの名言も収録。ギャグやパロディだけではないクレヨンしんちゃんの奥深さを、これらの名言から探ってみてはいかがでしょうか。

■関連記事

103歳の美術家が語る、「100歳を過ぎて生きること」とは
佐藤真海さんが男の子出産! 2020年東京五輪を子どもと迎える夢語る
残念な四十路にならないためにアラサー女子が心がけるべきこと

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP