ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S6 / S6 edgeを簡単にroot化できるハックツール「PingPong Root」が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S6 / S6 edge のほぼ全てのモデルを root 化できるとされるハックツール「PingPong Root」が XDA Developres で公開されました。PingPong Root は、初期の公式 ROM で発見された Ping ソケットの脆弱性を突いて root 化するアプリです。Galaxy S6 / S6 edge の多くのモデルに対応していると記されています(国内モデルでも利用できるのかどうかは未確認)。アプリの現行最新バージョン(pingpongroot_beta5.1.apk)は、Android 5.0.x ベースの ROM にしか対応しておらず、5 月以降にリリースされた Android 5.1.x ベースの ROM には対応していません。

注意事項:Android 端末の root 化はメーカーやキャリアの製品保証を無効にしてしまう行為です。また、root 化することで普段は手出しできない部分が制御可能になることから、操作の内容によっては端末の故障や破損を招くこともあります。root 化される場合はあくまでも自己責任の下で行うようにしてください。

PingPong Root は、中国の方が作成したアプリということで、不正に端末の個人情報を読み取る機能が隠されているのではないかと思いパーミッションを確認してみたところ、KingRoot のように電話番号や端末識別子へのアクセス権限はありませんした。しかし、root 化する際の設定ファイルのダウンロードにインターネットに接続するので、この機能のアクセス権限はあります。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、純正ホームアプリ「Sense Home」を利用した広告サービスを開始か?
Google、Nexus 9 Wi-Fiモデル向けにAndroid 5.1.1(LMY47X)ベースのファクトリーイメージを公開
ASUS、Atom Z3560を搭載したZenFone 2(ZE551ML)の新しい4GB RAMモデルをインドで発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP