ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

刺身を漬けるだけで大分の名物料理ができる「あつめしたれ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大分県の人気ご当地調味料といえば、やまろ渡邉の「あつめしたれ」(360ミリリットル/540円)だ。

 獲れたてのぶり、さば、あじなどの魚を、甘みのあるしょうゆだれに漬け込み、ご飯の上にのせた、漁師たちの船上のまかない飯「あつめし」。

 大分県では一般に「りゅうきゅう」と呼ばれているが、特に米水津では「温飯(あつめし)」と呼び、上から熱々のお茶をかけて食べていたとか。

 ちょっと厚めの刺身に酒少々をからめてから、あつめしたれに5~10分漬け込む。ご飯の上にのせ、好みの薬味をのせて、残ったたれをかけて「あつめし」のできあがり。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今治発のご当地グルメ「焼豚玉子飯」のタレ かければ完成
うなぎ高騰で大ブレークしている“なす蒲焼”のレシピを紹介
“青森の神様”オススメの絶品地元グルメ コロッケ、いかずし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。