ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

林家木久扇 スマートボール専門店で隣客に指南する腕前披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京には、懐かしい遊び場や驚きのスポットがまだまだ多い。『笑点』の人気者で下町を知り尽くす林家木久扇師匠(78)が浅草『三松館スマートボール』を案内してくれた。

 落語のメッカ、浅草演芸ホールの目と鼻の先に67年前から店を構える都内唯一のスマートボール専門店がある。土・日の営業日には、開店と同時に、カップルや家族連れ、外国人観光客など老若男女で賑わう。

 木久扇師匠は、パチンコの原型といわれるこのゲームを「子供の頃によくやった」というだけあって、腕前はかなりのもの。台の上にみるみるビー玉が溜まる。

「天井からぶら下がってる桜の飾りがいいですよねぇ、華やかで。最近じゃ、こういうのはめったに見なくなりましたねぇ」(木久扇師匠)

 景品交換はなく、玉が出ても遊べる時間が長くなるだけ。店で売られる駄菓子を食べながら、隣に座った客に指南し始めた。

■「三松館スマートボール」:台東区浅草2-9-13/【営業時間】土・日のみ営業で12~19時/【料金】200円(50個)300円(75個)/【定休日】月~金

撮影■江森康之

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
林家木久扇 変な儲け話を持ち込むため『笑点』の楽屋で孤立
阪神ファンが「来年こそ優勝や!」と叫ぶに最適なカラオケ店
林家木久扇 天然記念物の川上犬を2年の審査経て愛犬にする

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP