ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士通、Android 4.4を搭載した片目用ヘッドマウントディスプレイを法人向けに発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

富士通が Android を採用した業務用のヘッドマウントディスプレイ製品「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE ヘッドマウントディスプレイ」を企業向けに 5 月中旬より販売すると発表しました。富士通初のウェアラブルデバイスは法人向けとなるようです。富士通の新製品は、Android 4.4 や Snapdragon 400 1.2GHz クアッドコアプロセッサ搭載した片目用の HMD で、主にインフラ・設備の保守点検業務や製造工場での組み立て業務において、必要な情報を表示したり、入力することをハンズフリー化できるほか、リモート経由で指示を仰ぐなど、アプリを利用した新しい使い方を実現することができます。HMD には、0.4 インチ 854 x 480 ピクセルのディスプレイ、2GB RAM、8GB ROM、800 万画素カメラ、マイク、各種センサーを搭載しており、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v3.0 のワイヤレス通信に対応。ディスプレイは非シースルータイプで、製品にはウェアラブルキーボードが同梱します。音声による文字入力も可能です。また、HMD は現場業務での利用が想定されているので、IP57 レベルの防水・防塵にも対応しています。Source : 富士通


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Nexus 9 Wi-Fiモデル向けにAndroid 5.1.1(LMY47X)ベースのファクトリーイメージを公開
ASUS、Atom Z3560を搭載したZenFone 2(ZE551ML)の新しい4GB RAMモデルをインドで発表
LG G4はQuick Charge 2.0に対応している模様、Qualcommが対応機種リストに追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP