ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

建機メーカー キャタピラーは6.9インチのタフネスAndroidファブレット「CAT S40」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

建機メーカーの米キャタピラー(CAT ロゴでお馴染み)が「CAT S40」という新しい Android スマートフォン、いやファブレットかタブレットを開発している模様です。GFX Bench の公式サイトにこの機種名を名乗る端末が登場しました。同サイトによると、CAT S40 は Android 5.1(Lollipop)、6.9 インチ 960 × 540 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 210 1.1GHz Cortex-A7(Adreno 304 GPU)プロセッサ、0.9GB RAM、11GB ROM、背面に 700 万画素カメラ、前面に 180 万画素カメラを搭載しています。画面サイズ的にはタブレットと言えますが、解像度が 16:9 なのでスマートフォンとして開発されていると予想されます。また、Snapdragon 210 プロセッサを搭載した機種はまだ多くないことから、CAT S40 は初期の Snapdragon 210 端末になるとも予想されます。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
10日持ちバッテリーが特徴のASUS製スマートウォッチ「VivoWatch」がebayに出品中
OPPO Martに「Nubia Z9 mini」が入荷した模様
Android 5.1やWQHDディスプレイを搭載した Motorola XT1578 / 1585 / XT192Aの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP