体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイの絶景ホテル『バンコク・マリオット・ホテル・スクンビット』9つの秘密

m3

東南アジアのターミナル国として人気のタイランド。エキサイティングなバックパッカーのタイ旅行も楽しいですが、スタイリッシュでラグジュアリーな時間も過ごせる「多面的な魅惑の国」でもあります。

・バンコクでちょっと贅沢な癒やしの時間を
特に首都バンコクは近代化が進み、東京以上に発展した都市になりながらも、歴史ある「古き良きタイの伝統」を感じられる、エキゾチックな雰囲気を持ち合わせています。そんなバンコクでちょっと贅沢な癒やしの時間を楽しむなら、やはりコストパフォーマンスがいい『バンコク・マリオット・ホテル・スクンビット』がオススメ!

・バンコク・マリオット・ホテル・スクンビットを選ぶ9つの理由
1. 絶景の多段ルーフトップバー
バンコクにはルーフトップバー(高層階のオープンバー)を備えた複数のホテルがあります。もちろんこのホテルにもルーフトップバーが。ですが、こちらのバーは他のホテルにはないユニークな形状をしているんです。

ホテルの屋上部分が、3階層に分かれているため、最上階で天空を眺めつつディナーを楽しんでも良し、2~3階層から大都市バンコクの夜景を楽しんでも良し。ちょっと動くだけで様々な楽しみ方が用意されています。

m3 m4 m5 bangkok1 bangkok2

2. ホテル内のステーキハウスが受賞
ホテル内のレストランでは、バンコク屈指の一流シェフが腕を振るっていますが、なかでもステーキハウスは評判。なんと、ステーキのクオリティに対して受賞歴があり、味にうるさいグルメな外国人たちから絶賛されているのです。

m13 m12

3. 音楽グループの生演奏が楽しめる
ホテル内では、毎週金曜日にジャズ、土曜日にグループバンドの演奏がおこなわれます。雑踏や喧騒が楽しいバンコクですが、静かな空気が流れるなか、生演奏を聴きつつ、美味しい料理とお酒を楽しみ、ゆったりとした週末を過ごすこともできます。

m11 m16
1 2 3次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。