ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツの定額制音楽配信Simfy、自国市場から撤退

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

ドイツで最大だった定額制音楽配信「Simfy」、ライセンス更新できずやむなく自国市場から撤退

ドイツでかつて最大のユーザーを抱えていた定額制音楽ストリーミングサービス「Simfy」が、音楽市場から撤退することをサイトで明らかにしました。

Simfyはメジャーレーベルとのライセンス契約で再契約で合意することができず、サービスの規模を大幅に縮小します。

今年2月にはすでにワーナーミュージック・グループとライセンスで契約できなかったため、Simfyからワーナーの楽曲は削除されていました。

そして4月末の時点でユニバーサルミュージックまたはソニーミュージックのいずれかと再契約ができなかったことから、撤退を決断した模様です。

Simfyはサイト上で、パートナーでもあるフランスの定額制音楽ストリーミングサービス「Deezer」をトライするよう、リンクで誘導をかけています。

2010年に始まったSimfyは、フリートライアルと5ユーロ/10ユーロの有料オプションを提供して、2500万曲以上の音楽聴き放題をドイツ、オーストリア、スイス、南アフリカで展開してきました。

ドイツには2011年にDeezer、2012年にSpotifyが進出、国際的な音楽サービスが自国サービスの人気を奪う結果となってしまいました。しかし、ドイツの音楽市場では、デジタル音楽サービスの成長が大きく飛躍して、2014年にストリーミングサービスからの収益は前年比79%アップする勢いを見せています。

■記事元http://jaykogami.com/2015/05/11251.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。