ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッテリーから温度計まで!スマホの機能を拡張するケース「nexpaq」が大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

便利なスマートフォンをさらにグレードアップする外付けガジェット。

そんな外付けガジェットを着せ替え的に取り付けられるケースとモジュールのセット「nexpaq」が、資金調達サイトKickstarterに登場した。

わずか2日で目標額を達成するという人気ぶりだ。

・欲しい機能をこれ1つでカバー

nexpaqは専用ケース背面に、必要な機能のモジュールをパチッとはめて使用する。モジュールは全12個。気になる種類は、以下の通りだ。

・バッテリー
・スピーカー
・LEDライト
・SDカードリーダー
・温度・湿度計
・ショートカットボタン
・USBフラッシュメモリー(32GB/64GB)
・空気清浄度計測器
・アルコール探知機
・レーザーポインター
・データストレージ
・ダミー(モジュールの隙間を埋めるもの)

必須のバッテリーはもちろんのこと、USBメモリーやレーザーポインターなど欲しい機能がほぼすべて網羅され、これだけでスマホライフが飛躍的に向上しそうだ。

・6機能を同時にビルトイン!

使うには、まずスマホをケースに入れ、使用したいモジュールをケースの背面に取り付ける。セットできるモジュールは最大6個だが、必要に応じて取り替えられる。

6つの機能をスマホと一体化させて持ち歩けるというのがポイントで、例えば出先で写真を撮影するときにフラッシュを使い、写真データをフラッシュメモリーに落とし、バッテリーがなくなりそうになったらバックアップで充電するということが、あれもこれも使うことなくnexpaq1つで完結する。

・種類が違うスマホにも互換性あり

nexpaqは、iPhone 6とGalaxy S5、S6 edgeで利用できる。ケースの形状は異なるが、隠れたメリットのひとつが同じモジュールが使えること。なので、例えば自身がiPhone、パートナーがGalaxyを使っていてもモジュールを交換して使うことが可能だ。

・予約殺到中!

スマホの活躍の幅を広げてくれるこのnexpaq、Kickstarterでは予約が殺到中だ。今なら、ケースとモジュール4つ(スピーカー、バッテリー、SDカードリーダー、ショートカットボタン)のセットが109ドルの出資で入手できる。

セット以外にもモジュールのバラ売り(14〜29ドル)もしているので、使いたいモジュールを追加することも可能だ。

キャンペーンは5月30日まで。興味のある人はお早めに。

nexpaq/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP