ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昼寝で記憶力が5倍になる!?最新の調査でわかった効率的な休み方とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうやら記憶力に関しても大きなメリットがあるようです。

アメリカの医学専門ニュース配信サイト「Medical News Today」には、記憶に関する調査内容が紹介されています。1時間ほどの昼寝をすることで、最大5倍も記憶力が上がったのだとか。

調査では、41人の被験者に「ミルク・タクシー」など関連性のない2つの単語の組み合わせを覚えてもらうよう依頼。

単語を記憶した後に90分DVDを鑑賞してもらったグループと、すぐにテストを行ったグループの結果を比較したところ、45-60分間の昼寝をした人々の記憶力が5倍程向上していたことがわかりました。ちょっと無視できない数字ではないでしょうか!?

最適な睡眠時間とは?

また、科学誌「My Science Academy」では、これまでに発表されている睡眠に関する研究結果を元に、どんな昼寝が効果的なのかが紹介されています。明確な睡眠時間の目安が知りたい方へ参考にしてみるといいかも。

10分から20分の短い昼寝

もちろん集中力や体力を取り戻すことに有効。眠りも浅いために、置きた後すぐに動き出せるというメリットがあります。

30分

ここまで寝てしまうと若干起きることが困難に。置きたとしてもその後30分程けだるさが残る可能性もあるのだとか。

60分

今回の調査の結果によれば、これがベストな昼寝の時間。ノンレム睡眠の中でも「徐波睡眠」と呼ばれる段階を踏むため、人の顔や名前などを覚えるには最適。ただし、起きる時には気だるさが残ってしまうので注意が必要だそうです。

90分

レム・ノンレムのサイクルを一周し、浅い睡眠と深い睡眠の両方摂ることになるため、夢を見る可能性があり。感情や、プロセスが関係する記憶の強化に繋がるため、楽器の演奏や自転車にのるなどの運動の記憶に効果的。睡眠サイクルを一周するため、寝起きもスッキリだそう。

どんな昼寝をすればいいの?

睡眠でとても重要な要素は、まずリラックスすること。学校や、公共の場などは注意が必要で、ちょっと涼しめの部屋で眠るのがベターだそう。

そして最後に、昼寝の習慣をパターン化すること。体内時計は決まったパターンを追いかけるようにできているため、スケジュール通りに寝ることで、いつも同じサイクルで睡眠・起床を行うことができるようです。

いつも頭がボーっとして冴えないと言うあなた、まずは静かな部屋で「昼寝」を始めてみては?もしかしたら、仕事の成果だって5倍になっちゃうかも…。

 Reference:Medical News Today , My Science Academy

関連記事リンク(外部サイト)

人間のウンチから、金・銀・プラチナなど「貴金属」が採取できると判明!
英科学誌、米海軍がゲーマーに大注目!?「ゲーム上手は、問題解決能力が高い」
全ての血液型を「O型RHマイナス」に変える技術が登場!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP