体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひろゆきイズムの継承者になりたい!『2ちゃんねる』ブラウザの作者・山下遼太インタビュー 後編

『2ちゃんねる』ブラウザ『Jane Style』の開発者であり、株式会社ジェーンを立ち上げた山下遼太さんに独占インタビュー! 今回は、その後編をお届けします。25歳の社長が考えるインターネットの行く末とは? どうぞお読みください(インタビューの前編はこちら)。

■ユーザビリティについて
長田: 『Jane Style』の機能がとにかく多いじゃないですか。ユーザーの声をどんどん取り入れて、機能を追加して使いやすさを追求していくというところを目指しておられるかと思います。

山下: 機能を追加することによって重くなるとか、それだけは避けようと思っています。ユーザーの声を拾い上げては、不具合をつぶしつつ機能を増やしていく、というのが基本的な開発スタンスです。

長田: いろんな機能がどんどん増えると、たとえばテレビのリモコンのボタンが多すぎてわからない、というような感じの、ユーザビリティが下がる場面というのが出てくる可能性もあると思います。

山下: おそらく一見さんは、『Jane Style』の設定画面を見て、既に「何がなんだかわからない」という状況に陥っていると思います。それでも、初心者の方がインストール直後にクリックするだけで使えるようには配慮してあります。上級者の方にはよりカスタマイズ可能な仕様にしたまま、初心者でも使いやすいようなソフトウェアが理想ですね。

長田: 機能の取捨選択基準ってありますか?

山下: 自分が使うか使わないか、というのは非常に大きいです。今まで、その判断基準でやってきました。でも自分が絶対使わないだろうなと思ってた機能でも、ユーザーの希望がかなり多かった機能を追加したことがあります。そうしたら、かなり便利で自分も使っていた、ということもありました(笑)。ユーザーの声もやはり大切ですね。

長田: 内なる声に耳を傾けつつ、開発するわけですね。

山下: でも、これはなかなかむずかしいですね。何でも付けたら意味のわからないプログラムになってしまいますし。

長田: ユーザーさんによっても意見は分かれるでしょうしね。

山下: 以前、メニュー項目を一新したときに、使いづらいじゃないかとえらく怒られたことはありました。個人的にはシンプルなメニューがいいなあ、と思って変えたんですが、既存のユーザーからすると今の状態に慣れてしまっているというのはありますからね。

■ユーザーインターフェース(UI)について
長田: たとえば、クラシックインターフェースと新しいインターフェースを混在させて、ユーザーに選択させるとか?

山下: UIのデザイン一新もやってみたいな、と思っているんですが、いかんせん、工数がかかるのが悩みの種です。今までだったら気の遠くなるような時間が必要だったかもしれないのですが、法人化することで、こういったことも出来るようになればいいなと思います。

長田: Appleとかって、UIの点で巧いですよね。

山下: Appleはキレイですよね。Appleさんの良いところは、UIを変えても、ユーザーは受け入れてくれるイメージがあります。そういうものだ、と。そのあたりは羨ましいです。

長田: いつも『Windows』なんですか?

山下: 僕は『Windows』ですね。今、『Windows XP』を使ってるんですが、『Windows 7』には期待しています。

■『ニコニコ動画』について
長田: 『ニコニコ動画』用のソフトもありますよね。ニコニコ動画保存ツールの『SmileDownloader』や『YouTube』と『ニコニコ動画』専用ブラウザ 『TubePlayer』など。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。