ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高野山の精進料理!歴史ある白い「胡麻豆腐」をデザート感覚で食べられる店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月6日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前9時50分)の「高野山1200年の旅 ここだけで味わえる旅第3弾in和歌山県」と題して、俳優の宮川一朗太さんが、「濱田屋」(和歌山県伊都郡)を訪れた。
 
 同店は、創業100年以上の歴史を持つ胡麻豆腐店。高野山の胡麻豆腐は胡麻の皮をむき中の真の部分だけ使っているため見た目が白い。精進料理として高野山の僧侶たちが今も食べているそうだ。店内で食べられる「胡麻豆腐」は「わさび醤油」と「和三盆を添えてのデザート風」の2種類の味が楽しめる。

 「わさび醤油」味を食べた宮川さんは「胡麻豆腐ってもうちょっとモチモチしているイメージがあったんですが非常にあっさりとしている」と堪能した。続いて「和三盆を添えてのデザート風」を食べた宮川さんは「スイーツだ! こんなにも味が変わるものなのですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:濱田屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:紀の川・岩出・橋本のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:紀の川・岩出・橋本×和食のお店一覧
ラーメンタクシーが好みの店に案内!豚骨醤油ベースの「和歌山ラーメン」
高野山の精進料理!歴史ある白い「胡麻豆腐」をデザート感覚で食べられる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。