ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セルフィーの孤独感を解消?自撮り棒ならぬ“自撮り腕”とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSで火が付いてからブームが衰えることのない、スマホを使った「自撮り=セルフィー」。

「自撮り棒」なるものも登場し、観光地などで見かけることも多いが、自分で自分を撮影する“おひとり様感”に抵抗を持つ人も少なくないだろう。

そんな悩みを解消すべく、アーティストのAric Snee氏とJustin Crowe氏が画期的なアイテムを生み出した。

まずはこの写真を見てほしい。

男性の手を取り微笑む女性。

撮影しているのはもちろん男性…と思いきや、これが実は自撮り!

男性の腕を模した「Selfie Arm(セルフィーアーム)」で、女性が自撮りしたものなのだ。

写真からは、まさか自撮りとは気付かないが、撮影している様子を見ると…

あまり人には見られたくない、少し異様な光景…。

まだプロトタイプの状態らしいが、正式に日本で販売された際はネタとしてGETしたい、遊び心たっぷりのアイテムだ。

justincrowestudio
http://www.justincrowestudio.com/selfie-arm.html

スマートフォン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP