ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人 選手たちの集団離脱は原監督から人心離れ始めた象徴か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 故障者続出で「野戦病院」化している巨人。相川亮二、阿部慎之助、亀井義行、坂本勇人、内海哲也、西村健太朗など挙げてみたらきりがない。

 一部では、選手たちの集団離脱は、原辰徳監督から人心が離れ始めている象徴だという声もある。ある巨人若手OBは、こんな見方をする。

「原監督は今年で通算12年目。近年では稀に見る長期政権だ。それはもちろんこれまでの実績があるからだが(注・11年間で優勝7回、日本一3回、Bクラスは4位が一度だけ)、その影響でいまやコーチ陣でも意見できる人はほとんどいなくなった。

 この状況に不満を持つ選手は多い。二軍から上がってきた大田泰示をすぐに4番起用など、“結局は東海大人脈か(注・大田は原監督の母校、東海大相模高の後輩)”と陰口も叩かれている。

 しかし今年は契約最終年。原監督自身、V逸なら来季はないと腹を決めているようだ。選手たちもこれを見透かして、代替わりを求めているのかもしれない。その証拠に、原監督がインフルエンザで休んだ時には、選手たちの目の色が変わったからね」

 4月15日からの5試合、原監督がインフルエンザに罹って、代行を川相昌弘ヘッドコーチが務めた。ピンチの時にも慌てずどっしりと構え、堅実な采配をしたことが評価され、成績も3連勝を含めた4勝1敗。奇しくもその“監督休養”が巨人浮上のきっかけになった。巨人OBの広岡達朗氏が語る。

「川相のほうがよほど現場を見ていることがわかりました。たった5試合だけど、結果を出せる次期監督がいることを示した」

 まさかシーズン途中での監督の“登録抹消”はないだろうが。

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金田正一 巨人新外国人に「マイネーム・イズ・カネダサン」
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
日本ハム栗山監督 原巨人でヘッドコーチになる可能性あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。