ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTの屋内配線使用料 タダで買い取れば毎月約60円が永年無料

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の春は値上げが相次いだが、少しでも家計は防衛したいもの。その中でも通信・放送関連の費用を安くする方法を紹介する。たとえば、NHKの場合、地上波のみの契約でクレジットカード払いの場合、月ごとに支払うと1か月1260円、12か月を一括で前払いすると、1万3990円で年間1130円も節約できる。同じ番組を見るのに、この差は大きい。手続きはNHKのホームページで簡単にできるので、さっそく申し込もう。

 また、NTTの固定電話の明細で、毎月約60円の「屋内配線使用料」を支払っているなら、申し込み1つで無料にできる。節約アドバイザーの丸山晴美さんは言う。

「屋内配線使用料とは、家の壁の中に埋め込まれている配線の“レンタル代”のようなもので、一度買い取ってしまえば永年無料になります。買い取りといっても、お金を払うわけではなく、申し込みだけで工事費などもかかりません」

 配線使用料を払うと、万一、配線が故障した場合、無料修理を行ってくれるが、家が水没や損壊するようなことが起こらない限り、ほとんど無縁だという。

「私も20年前に買い取りましたが、まったく問題ありません。たかが60円と思うかもしれませんが、20年間では1万4400円。侮れませんよ」(丸山さん)

 つづいて節約すべき通信費は、携帯電話の使用料。節約アドバイザーの矢野きくのさんによれば、「ガラケー=安い」とはいえない時代になったという。

「最近は格安スマホの登場でガラケーより安い通信費ですむことも多くなってきているんです」(矢野さん)

 たとえば、イオンなどが販売している「格安スマホ」なら、通信費に加え、機種代も込みで月々の使用料3000円程度のプランがある。ガラケーで毎月4000円以上の使用料の場合、乗り換えを検討してみてもいいだろう。

※女性セブン2015年5月14・21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
通信費 4人家族が2年間で最大14万2080円節約の例もあり
テレビ局の「電波使用料」は売上高のわずか0.14%しかない
月1840杯以上飲まないと電気ケトルはポットより圧倒的に安い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP