体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レッドブル・エアレース千葉大会 チームブライトリングが記者会見

いよいよ5月16・17日に迫ったレッドブル・エアレース千葉大会。レースを控え、チームブライトリングの記者会見が東京都内で行われました。

【関連:飛行機レース世界選手権『レッドブル・エアレース』ついに日本開催!グッスマも協力】

チームブライトリングのパイロット達

チームブライトリングのパイロット達

登場したパイロットは、昨年のシリーズチャンピオン、ナイジェル・ラム選手、今年からトップカテゴリーのマスタークラスに参戦しているフランソワ・ルボット選手、そしてアジアから唯一マスタークラスに参戦している室谷義秀選手。会見はトークショー形式で進められました。

会見はトークショー形式

会見はトークショー形式

昨年のシリーズチャンピオン、ナイジェル・ラム選手は2回目の来日。前回は2013年、ブライトリング・ジェットチーム(民間最大のアクロバットチーム)の日本ツアーに帯同してのものでした。

ナイジェル・ラム選手

ナイジェル・ラム選手

翼端のウイングレット(翼の誘導抵抗を低減する働きがあり、旅客機では燃費向上を目的とするが、レース機では速度性能の向上を目的とする)が特徴的な機体、MXS-Rを駆るラム選手。数シーズンに渡ってこの機体を育て上げ、昨年の第3戦マレーシアで悲願の初優勝を遂げた後は、安定した成績を重ねてシリーズチャンピオンを獲得しました。中断(2011年~2013年)前の2010年シーズンも含め、シーズン通して安定した成績を収めているのが最大の特徴です。

「昨年は幸いチャンピオンになれたけれども、どれも僅差のレースでした。今シーズンは更にタイトなレースになるでしょう。大変だけれども、精一杯頑張りたいと思います。体調については、まだ日本に着いて22時間しか経っていないので万全とは言えませんが、レースまでにはしっかり仕上がります。千葉のトラックは海岸沿いに長く伸びていて特徴的ですが、基本的な要素はどこも変わらないと思っています。ただ、シンプルなレイアウトなので、非常に僅差の争いになるでしょうね。」

今年からマスタークラスに昇格したルボット選手はフランス空軍出身(元大尉)。名門戦闘飛行隊である1/2「シゴーニュ(コウノトリ)」飛行隊のミラージュ2000パイロット、アルファジェット(フランス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」使用機でもある)の操縦教官を経て、2002年にパトルイユ・ド・フランスと対をなすフランス空軍アクロバットチーム「L’équipe de Voltige(EVAA)」に参加。2007年~2008年には隊長も務めました。2013年のエアロバティックス(様々なアクロバット飛行で構成される「空のバレエ」)世界選手権の優勝者でもあります。

フランソワ・ルボット選手

フランソワ・ルボット選手

「今年からマスタークラスに昇格して、昨年のチャレンジャークラスよりやることが多く、まだビギナーといった感じです。大きなステップとなるシーズンだと思っています。マスタークラス昇格に当たって、新たな人員をチームに迎えたのですが、素晴らしいメンバーに恵まれました。体調に関しては……ここに並んでいる3人は、同じ『チームブライトリング』とはいえ、ライバルでもあるので『万全です』と言うしかないでしょう(笑)」

チャレンジャークラスでは、レース主催者側が用意した機体、エクストラ300によるワンメイクレースだったのですが、マスタークラスでは自分で機体を選ぶことができ、エンジンとプロペラを除いては機体の改造も可能です。ルボット選手は、エッジ540V2を選択。これは同じマスタークラスに参戦中のマイク・グーリアン選手から譲られたものだそう。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。