ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

良品計画が皆川明さんなどから生産過程で発生する端切れなどを甦らせて作ったシートクッションを発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


良品計画が、5月8日(金)から21日(木)まで、無印良品の新しい魅力をご紹介する「発見祭」を全国の大型店11店舗において開催。「POOL」の数量限定商品も発売する。

「POOL」とは、無印良品は流通の過程でキズや汚れなどで販売できなくなった商品や商品を生産する過程で発生する端切れや端材などをデザインの力で新たな価値を付加し、甦らせる活動。この度はシートクッションを発売する。

シートクッションには、皆川 明さん率いるminä perhonenと日本の布の産地、福岡・久留米、山梨・富士吉田産地より提供していただいたハギレを使用。全6種類のカバーは、無印良品の「ウレタンフォーム低反発モールドシートクッション」とセットにして販売する。

展開店舗は、有楽町、池袋西武、渋谷西武、丸井吉祥寺店、テラスモール湘南、グランフロント大阪、難波、イオンモールKYOTO、MUJIキャナルシティ博多、天神大名、名古屋名鉄百貨店。

すてきな皆川 明さんや日本の布の端切れを再生して作られた、独特の味わい深い素敵なシートクッションをこの機会にぜひ手に入れてみよう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP