ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これは使える!iPhone・Androidで江戸時代の古地図を楽しむアプリ「大江戸ぶらり」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

歴史好きのあなただったら、もし古地図があればそれと見比べながら今の街を散策したいと思いますよね。たとえばかつて大名屋敷だったところには今は全く趣の異なる建物が建っていたり、意外にも昔は寺社が多かった地域だったり・・・。そんな風に自分の足で当時の風景を発見できたらとても楽しいことでしょう。

じっくり散策をするならできれば地図を片手に調べたいところですが、もう少し身軽でもいいかも・・・という方にご紹介したいのが先頃リリースされたスマホ及びタブレット用アプリ「大江戸ぶらり」。このアプリにはお江戸真っ只中の東京の古地図が高精細度によるデジタルデータで登録されているのです。

img_61105_1

「大江戸ぶらり」は、デジタルによる提供としては初めてとなる東洋文庫所蔵の「江戸大絵図」の元禄年間(1688年~1703年)を記載。原本では読みづらい箇所も多い「江戸大絵図」ですが、保存状態が良い上に大判であることから、今回のデジタル化によって細かい文字まで読むことができるそうです。

img_61105_2

しかも古地図の状態からGPS機能によって現在地を確認できるという素晴らしさ!

ooedo_screen1 img_61105_3

紹介動画にもあるように、江戸から現代への移り変わりがすぐにバッチリわかるから、驚きと興味がつきません。

これなら手軽ながらも江戸時代へのタイムスリップ気分を存分に味わえますね〜。

「江戸大絵図」の原図は4枚1組で、すべて組み合わせると江戸の町全体を見渡すことができます。現時点の公開分は江戸城を基点に北へ駒込方面までの登録です。アプリの売上の10%が他3枚分の原図のデジタル化に使われ、今後随時アプリに追加されていく予定だそうです。

それと並行して、アプリを制作した東洋学の専門図書館及び研究所である東洋文庫内のミュージアムでは、現在「大地図展」を開催中です。館内では原図である「江戸大地図」の複製が実寸大で展示されているので、アプリの地図をオリジナルバージョンで見たいならぜひ体感してみてください。

img_61105_4

アプリ「大江戸ぶらり」はiOS 6 / Android 4以上対応で価格は600円。App StoreかGoogle Playにて購入可能です。花のお江戸の空気を本格的に味わってみましょう!

「大江戸ぶらり」企画制作・ATR Creative 

関連記事リンク(外部サイト)

iPhone 5cのPVの関西弁バージョンが早くも登場!仕事が早い!
ゆるすぎる!江戸時代の古文書に描かれたカブトガニが超絶ゆるキャラ!
貴重な古地図を大量に楽しめる!ゼンリンが古地図ミュージアム公開

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。