ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

殺人デッドボール!福岡SB・スタンリッジの死球が打者・捕手・審判3人全員皆殺し【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月10日のソフトバンク対楽天戦で、ソフトバンク、スタンリッジの投じたデッドボールが、打席の楽天ペーニャ、味方のキャッチャー鶴岡、さらに杉本球審3人に当たるという珍しいプレイが話題となっている。

https://youtu.be/LXVg5bVacWA

映像で確認すると2回、スタンリッジが、ペーニャの内角に投げたボールが足元をかすめて死球の判定。だが同時にグラブで受ける鶴岡の左腕に命中、さらに後ろのプレートアンパイヤの杉本審判の胸元にも直撃。解説でも「直撃したペーニャは平気な顔をしてますね」という通り、直撃した本人以上に鶴岡捕手と杉本審判の方がダメージが大きく2人ともその場に倒れこんだ。

「今年の年末の珍プレーへのエントリーは確実」とのコメントもあるこのデッドボール、当然記録はペーニャへの死球のみではあるが、ネット上では「当時ダイエー・ホークスの若田部投手の死球が味方の城島捕手と、審判に命中するプレーを思い出したというプレーを思い出した」という意見があるように10数年前にも似たようなプレーがプロ野球であったという指摘もあるが、いずれにしても数年に1回あるかないかの珍しいプレーであるのは確かだ。

関連記事リンク(外部サイト)

「美しすぎるヒールキック」で技ありオウンゴールを決めた選手が話題に【動画】
天才サッカー女子の神ドリブルテクニックがスゴすぎると話題に【動画】
アロンソ、セナのマシンを駆る!27年の時を経て2台のマクラーレンが共演【動画】
中国の当たり屋が自動車に飛び込む衝撃的瞬間が怖すぎる【動画】
ワンコが飼い主に数ヵ月ぶりに再会!大喜びする姿に世界中が感動の嵐【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。