ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅にいながら医師が24時間診断!耳の病気に役立つスマホのカメラアクセ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Otoスマートフォンは今や、通話機器としての役割だけでなく、医療や健康をサポートするツールとしても用いられているようだ。

その1つが、スタートアップCellScopeが開発した「Oto」で、患者と医師をネットワークでつなぐ、耳の感染症診断ツールである。手持ちのスマートフォンを、たちまち“耳鏡(オトスコープ)”に変えてしまうというものだ。

「Oto」は、スマートフォンのカメラに装着し、耳内部の写真、動画を撮影することができるというもの。

Oto2専用のアプリが用意されており、ユーザーは撮影したデータを医師側に送信する。すると、2時間以内に診断結果が通知され、専門医の診断をあおぐことができる。

夜間も含め、24時間対応してくれるのはありがたいところ。

「Oto」のデバイス本体は、オンラインページで79ドルで販売中。初回のコンサルタントは無料だが、それ以降は電子診断には都度50ドルがかかるという。

とはいえ、付近に病院がない人、病院での待ち時間を減らしたい人、小さな子どもを持つ親にとっては大きなメリットがあるだろう。

Oto

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。