ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気がある学資保険の特徴は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


支払い方法から受け取り方まで、各社、多種多様なプランがある学資保険。例えば、郵便局の学資保険『はじめのかんぽ』は特約で子どもが入院時の保障をつけられるのが特徴。ほかにも、各社様々なタイプを用意して他社との差別化をはかっているが、多くの人に実際に選ばれている学資保険はどんなものなのだろうか?

【もっと大きな画像や図表を見る】

これまで幼い子を持つ親世代から、学資保険の相談を数多く受けてきたファイナンシャルプランナー・森本希代子さんに話を聞いてみた。

「やはり、貯蓄性の高いプランが人気がありますね。死亡時、もしくは高度障害状態になったときに養育年金が出る保障性があるものと、貯蓄性が高いもの、どちらの学資保険にするかとなると、後者を選ぶ人が多いです」(森本さん 以下同)

これは、そもそも学資保険に加入する人が、20・30代がメインになるため。まだまだ体力もあり、年齢的にも若い世代にとっては、死後の保障といわれてもピンと来ないのも無理はない。それよりは、目に見えるお得な数字のほうが説得力があるのは当然といえる。

では、わが子のためにいい学資保険に入りたいが、どうやって比較検討すればいいかわからない。そういう人は、何から始めればいいだろう?

「まずは興味を持った数社から資料を取り寄せることをおすすめします。それを見ながら、月々の保険料や返戻率、受け取り時期、保障内容を比較してみる。それでも不安だったら、お近くの保険ショップに足を運んでみてください」

保険ショップとは、複数社の保険からその人にとって最適な保険・保障をファイナンシャルプランナーなどと相談しながら選べる店のことだ。

「『保険コネクト』や『保険マネモ』のように、各都道府県にある保険ショップがわかるサイトもありますので、それらを参考に、まずはプロのアドバイスを聞いてみてください。各社で扱っている商品も違いますし、ショップの担当者との相性もありますので、いくつか回って最後はご自身で判断することをおすすめします」

学資保険に限らず、すべての人にとってお得で万全な保険は存在しない。メリット・デメリットを慎重に見極めた上で、「この保険なら納得できる」「このファイナンシャルプランナーにならお任せできる」という商品や相手を探し出すこと。それがベストな学資保険の選ぶ秘けつだ。
(阿部花恵+ノオト)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

人気がある学資保険の特徴は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

30歳で結婚退職=2億円の損失?
「身体にまつわる都市伝説」の過去記事一覧
女心がわかる!? ホンネの恋愛事情 記事一覧
毎日更新中【激撮!感動の一瞬】
気になる“あのコ”のシゴトーク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP